ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【カード個別評価】黒曜石の破片の運用について

ロックです。

 

個人的にはこのカード好きなんだけど。。。

▼▼▼▼▼▼黒曜石の破片▼▼▼▼▼▼

f:id:mdbrothers:20170621221618p:plain

▼▼▼▼▼▼特徴▼▼▼▼▼▼

1.耐久度3というちょっとした高さ。1:3交換が狙える

2.他クラスカード使用によってマナコスト低減効果あり

3.私は一人前には程遠いようです。
 

▼▼▼▼▼▼強いところ▼▼▼▼▼▼

1:3交換が可能かもしれないという点で強し。

最大4マナ域くらいまでのミニオンを倒せるので、素で使ってもいい武器。

マナコストを下げて使えればさらにヨシ。

 

▼▼▼▼▼▼弱いところ▼▼▼▼▼▼

4マナスタートがちょっと邪魔くさい

そして、武器破壊が多い世の中だとメタによっては無力。。。

マナコストを下げて最大限の力を発揮させるなら、デッキにも気を付けないとだめ

 

▼▼▼▼▼▼総評▼▼▼▼▼▼

総じてデッキを選ぶくせに武器破壊のせいで不遇なカード。

ローグの場合は相手クラスのカードをランダムに取得するのにデメリットが多いため、なかなか輝かない。

 

闘技場で使うなら一考の価値あり。

 

 

※ このサイトで記載している内容は、個人的な見解を基にしています。

【カード個別評価】隻眼のチートの運用について

ロックです。

 

コイツ嫌いじゃないんだけどね。。。

▼▼▼▼▼▼隻眼のチート▼▼▼▼▼▼

f:id:mdbrothers:20170619005349p:plain

▼▼▼▼▼▼特徴▼▼▼▼▼▼

1.海賊が出るたびに隠れ身を付与されるため、全体除去を持っていない敵にはイヤラシイ。

2.海賊シナジーあり

3.手や足も出ない相手も。。。
 

▼▼▼▼▼▼強いところ▼▼▼▼▼▼

2マナにしてパワー4。

隠れ身と合わせて相手ヒーローの顔面を殴りに行くのに最適

タフネスの低さを隠れ身でカバーするミニオンなので、海賊デッキに入れてアグロを目指せる

また、隠れ身強化のミニオンとも相性がいい。

 

▼▼▼▼▼▼弱いところ▼▼▼▼▼▼

タフネス1の低さよ。。。

簡単な全体除去で即落ちする。

Taunt(挑発)はられてもだめ。

とまぁ、弱点も多い。

 

 

▼▼▼▼▼▼総評▼▼▼▼▼▼

兎に角落ちやすいのがネック。

相手に全体除去やTaunt(挑発)がないと無類の強さを発揮するが、現環境でそんなものはありえん。。。

時代が悪いともいう。

 

※ このサイトで記載している内容は、個人的な見解を基にしています。

【カード個別評価】ティンカーの刃研ぎ油の運用について

ロックです。

 

▼▼▼▼▼▼ティンカーの刃研ぎ油▼▼▼▼▼▼

f:id:mdbrothers:20170619004644p:plain

▼▼▼▼▼▼特徴▼▼▼▼▼▼

1.コンボでミニオンパンプにもつながるこの威力

2.合計で6点ダメージを叩き出すこの威力

3.ダサイかどうかはともかくとして。
 

▼▼▼▼▼▼強いところ▼▼▼▼▼▼

4マナとはいえ、段取り使えば1マナという高速アグロになりがち。

自分の武器+3とミニオン+3で合計6点ダメージが無警戒な相手の顔面を襲うと思えば、結構な威力。

 

▼▼▼▼▼▼弱いところ▼▼▼▼▼▼

現時点では、千刃乱舞の弱体化もあり、武器破壊が横行しているのもあり、ではあるわけだが。。。

要するに武器使うって時点でちょっと今の環境が厳しい。

また、ミニオンが都合よく場に残っていないと4マナで+3はちょっと割に合わない。

ミニオンありきってことですね。

 

▼▼▼▼▼▼総評▼▼▼▼▼▼

弱くはないし、闘技場なら現役と思っていい。

実際のところ、パワーパンプとしては冷血がお手軽なんだけど、カードパワー的にはこちらが勝っているという点が重要。

 Charge(突撃)ミニオンやかくれみミニオンとせっとでつかいたいところ。

 

※ このサイトで記載している内容は、個人的な見解を基にしています。

【カード個別評価】シャドーキャスターの運用について

ロックです。

 

今回大分期待した割には活躍できなかったこのミニオン。。。

 

▼▼▼▼▼▼シャドーキャスター▼▼▼▼▼▼

f:id:mdbrothers:20170619003926p:plain

▼▼▼▼▼▼特徴▼▼▼▼▼▼

1.ミニオンを手札に戻して再度Battlecry(雄たけび)

2.コピーしたミニオンは、コスト1の代わりに1/1

3.いや、あんまりかわらn
 

▼▼▼▼▼▼強いところ▼▼▼▼▼▼

Battlecry(雄たけび)ミニオンやDeathrattle(断末魔)ミニオンをコピーしてやれば、メチャクチャ強い。

ブランと組み合わせれば、ほぼ無限にミニオンを量産できる。

 

ブラン+シャドーキャスターでブランコピー。

ブラン+シャドーキャスター×2でシャドーキャスターをコピー。

あと延々と。

 

▼▼▼▼▼▼弱いところ▼▼▼▼▼▼

5マナという重さと、都合よくコピー元のミニオンが場に残っているとは限らない点。

1体だけだと微妙な強さという点。。。

 

基本的に手札に1枚あっても、場にミニオンがいなければ腐る。

 

▼▼▼▼▼▼総評▼▼▼▼▼▼

コンボデッキに是非入れたい。

実際のところ、翡翠デッキだろうが、クエストデッキだろうが、

ミニオンを参照するようなデッキならほぼ入れて間違いがないくらいの強さは持ってる。

問題は、そこまでして入れるべきかという点で。。。

個人的にはミルローグやクトゥーンローグでもお世話になりました。

 

※ このサイトで記載している内容は、個人的な見解を基にしています。

 

【カード個別評価】クトゥーンの刃の運用について

ロックです。

今回は個人的に好きなカードを紹介

▼▼▼▼▼▼クトゥーンの刃▼▼▼▼▼▼

f:id:mdbrothers:20170619003312p:plain

▼▼▼▼▼▼特徴▼▼▼▼▼▼

1.問答無用で相手ミニオンを1体破壊

2.パワーとタフネスをクトゥーンへ

3.マナ重すぎ。。。

4.デスウィング狩れたらすごいことに。。。
 

▼▼▼▼▼▼強いところ▼▼▼▼▼▼

クトゥーンのパワーを跳ね上げたうえで、1体破壊という心強さ。

手札に戻してもう一度ーということも可能。

クトゥーンが場に出たら勝ち。みたいなことも簡単にできたり。。。

 

▼▼▼▼▼▼弱いところ▼▼▼▼▼▼

この圧倒的なマナの重さに対して、4/4というスタッツ。

相手がバラバラミニオン出してたりすると、1体だけじゃ追い付かない。。。

 

▼▼▼▼▼▼総評▼▼▼▼▼▼

クトゥーンデッキならほぼ入れたいものの、過信は禁物。

相手の高パワーミニオンを破壊できれば御の字だが、それ以外で役に立たない。

基本はシャドーステップなんかで手札に戻したり、シャドーキャスターで1マナにしたりと、Battlecry(雄たけび)効果だけが重要なミニオン

 

クトゥーンのパワーを跳ね上げて、最後はコイン使ってブランとクトゥーンで一撃必殺を狙うようなデッキで入れたいところ。

 

闘技場?9マナまで持つと?

※ このサイトで記載している内容は、個人的な見解を基にしています。

【カード個別評価】逃げ足の運用について

ロックです。

今回は逃げ足について。

 

▼▼▼▼▼▼逃げ足▼▼▼▼▼▼

f:id:mdbrothers:20170612205527p:plain

▼▼▼▼▼▼特徴▼▼▼▼▼▼

1.1枚で4ドローというカードパワー

2.7マナというバカみたいなマナコスト

3.瞬発力が命です。
 

▼▼▼▼▼▼強いところ▼▼▼▼▼▼

なんといってもハンドアドバンテージの強化具合が凄まじい。

1枚で4枚分のハンドアドバンテージとくれば、他にあまりみない。

 

▼▼▼▼▼▼弱いところ▼▼▼▼▼▼

どうやってもマナコストが重すぎる。

段取りとの併用がほぼ必須クラス。

また、あまりにもデッキが重いコストばかりだと、逃げ足でマナテンポを失った分を

テンポで取り戻すことができない。

 

▼▼▼▼▼▼総評▼▼▼▼▼▼

後半に強いカードではあるが、後半はほぼデッキが枯渇気味だと思うので、

4マナで段取り踏まえた最速ドローが使い道として優秀。

 

デッキに入ったとしてもせいぜい1枚が限界。

 

闘技場では割といいアドバンテージ撮りになるが、マナテンポのロスが凄まじいので、

引いたカードで巻き返せないとただ単に邪魔という。。。

使いどころがやや難しい。

 

ほとんどの有名デッキから抜かれている点でわかっていただけるだろう。

 

※ このサイトで記載している内容は、個人的な見解を基にしています。

 

【カード個別評価】退散の運用について

ロックです。

 

基本カードまたまた行ってみましょう。

 

▼▼▼▼▼▼退散▼▼▼▼▼▼

f:id:mdbrothers:20170612012346p:plain

▼▼▼▼▼▼特徴▼▼▼▼▼▼

1.マナテンポのすごさよ。

2.Battlecry(雄たけび)を再度使うのにも使える。

3.言葉もないと。

 

▼▼▼▼▼▼強いところ▼▼▼▼▼▼

疑似全体除去にも使える心強いスペル。

相手ハンドが10枚なら、相手ミニオンを一方的に全体除去といった形も可能。

走り回るマナなどの、Deathrattle(断末魔)ミニオンが大量に発生したときに、

相手手札が空いているなら、キラーカードになる。

 

また、自分のBattlecry(雄たけび)ミニオンを手札に戻せれば、2度おいしい。

 

▼▼▼▼▼▼弱いところ▼▼▼▼▼▼

あくまでも手札に戻すだけなので、相手が再度場に出せてしまうミニオンを戻しても意味がない。

10マナ溜まってるところに、10マナ分のミニオンを手札に戻したとしても、

すぐに再展開されてしまう。

 

また、Battlecry(雄たけび)が再度使えるのは相手も同じなので、Battlecry(雄たけび)ミニオンが場に居るときは下手に使わない方がイイ。

 

▼▼▼▼▼▼総評▼▼▼▼▼▼

昏倒と同様に、マナテンポとるのが主軸なので、その点注意。

特にクエスト系デッキ相手だと、相手にカウントを増やさせてしまうため、注意が必要。

6マナミニオンを2ターンに分けて相手が出してきたときや、スペルで大量展開したときを狙うのが基本使用方法になりがち。

 

エストローグで使用するならば、フリーズメイジ相手に、終末預言者+凍結コンボに使用するのも可。

 

闘技場ではちょっと使いづらい。。。

 

※ このサイトで記載している内容は、個人的な見解を基にしています。