読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【カード紹介】埋伏の暗殺者の運用について

ロックです。

 

今回はなかなか見かけないエピックカードを紹介。

 

▼▼▼▼▼▼埋伏の暗殺者▼▼▼▼▼▼

f:id:mdbrothers:20170212043333p:plain

▼▼▼▼▼▼特徴▼▼▼▼▼▼

1.大概のミニオンと相打ちを取れる能力。

2.貴重な隠れ身要員

3.脚立・・・?
 

▼▼▼▼▼▼強いところ▼▼▼▼▼▼

どんなに高スタッツのミニオンだろうが、相打ちをとれるのはデカイ。

本人が隠れ身を持っているため、ほとんどの場合狙った相手との相打ちを取れる。

 

▼▼▼▼▼▼弱いところ▼▼▼▼▼▼

タフネス1なので簡単に全体除去で排除される。。。

パワーも1なので、ライフアドバンテージを取りに行くこともできない。 

 

▼▼▼▼▼▼総評▼▼▼▼▼▼

超限定的な相打ち要員。

自分がボード勝ちしている状態で、相手がTaunt(挑発)ミニオンを出してきても、相打ちとれるね!といった場面では強いのだが。。。

問題は数をばらまいた後半に、相手が全体除去で倒しに来ないとはとても思えないってところか。。。

 

何よりエピックなので、生成してまで欲しいカードかというと。。。

闘技場でもエピックという点が足を引っ張る。

ミニオンの殴り合いってことを考えると、闘技場では決して弱くないんだが。。。

 

※ このサイトで記載している内容は、個人的な見解を基にしています。

【アップデート情報まとめ】マンモス年からの変更について

ロックです。

 

なんかニュースきたー!

更新情報読んでちょっと涙目な自分がいます。

 

▼▼▼▼▼▼クラシックカードを一部ワイルドカードに変更▼▼▼▼▼▼

以下6枚がスタンダード落ちするとのこと。

クラシックはワイルドに落ちないと言っていたので安心してたが。。。

これでスタンダード環境が変わるのかねー?

 

1.アジュア・ドレイク(レア)

 5マナ ドラゴン (4/4) スペルダメージ+1、Battlecry(雄たけび):カードを1枚引く

 

 確かにこいつはメチャクチャ使いやすい一枚だったけど・・・

 とりあえず5マナで迷ったら初心者は作成していいといわれるレベルだったので、わからなくはないが。。。

 

2.シルヴァナス・ウィンドランナー(レジェンド)

 6マナ (5/5) Deathrattle(断末魔):ランダムな敵のミニオン1体を味方にする

 

 最強レジェンドの一角。

 6マナ域ではっきりと最強と言っていいミニオンですね。

 Deathrattle(断末魔)を複数回発動されると、ボードアドバンテージのインパクトが分かってもらえると思う。

 今後追加されるカードとのバランスらしいですが。。。

 

3.炎の王ラグナロス(レジェンド)

 8マナ (8/8) 攻撃できない。自分のターンの終了時ランダムな敵1体に8ダメージ。

 

 コントロールデッキの常連。

 無条件に出したそのターン終了時に8点が飛んでいくため、マジで強かった。

 アグロにこそ入らないものの、生成して損がないミニオンってので有名だったんですけど。。。

 

4.凄まじき力(コモン)

 1マナ ターンの終わりまで、味方ミニオン1体を+4/+4。ターン終了時にそのミニオンは死亡する。

 

 このカード落とされるってのがZoo的に致命的な気がするんですけど。。。

 ウォーロックにとってアグロが成立していたのは、相手の大型ミニオンもこのスペルで相打ちに持っていけるってところがポイントの1つだったと思うが。。。

 

5.アイスランス(コモン)

 1マナ キャラクター1体を凍結する。凍結しているキャラクターを対象にした場合、4点ダメージを与える。

 

 フリーズメイジの重要スペルが・・・!!

 ソーリサン皇帝でコスト下げた後にフリーズバーストできてたのができなくなるってことですね。。。

 一つのデッキがワイルド落ちしたってところでしょうか?

 

6.隠蔽(コモン)

 1マナ 次の自分のターンまで、味方のミニオンすべてに隠れ身を付与する。

 

 マジデスカ。

 カジェッツァンの競売人でデッキからカードを引きまくるミラクルローグにとって、ちょっと厳しいワイルド落ちですね。

 

▼▼▼▼▼魔素のプレゼント▼▼▼▼▼▼

上記、ワイルド落ちするカードを持ったプレイヤーには、

「作成するのに必要な魔素をそのまま進呈する」

とのこと。

といっても、ラグナロスを2枚持っていても意味はなく、各種デッキ構築時に入れられる枚数分に適用されるとのこと。

ただし、ゴールデンカード優先。

よって、魔素を多くほしい人は、今のうちにゴールデンカードを生成し、魔素をもらってから分解することで、通常よりちょっと多めに魔素がもらえる。

 

▼▼▼▼▼▼拡張パック追加について▼▼▼▼▼▼

年度半ばと年末に追加が予定されているとのこと。

また、追加にともとなってソロプレイヤーミッションなるものを追加するとか。。。

ある種アドベンチャーモードの代替品らしいですが。。。

 

▼▼▼▼▼▼パックのワイルド落ち▼▼▼▼▼▼

ブラックロック・マウンテン、

グランド・トーナメント、

リーグ・オブ・エクスプローラ

 

上記3種がワイルド落ちするとのこと。

まぁ、以前から言われてましたけど。。。

これでレノやソーリサン皇帝が落ちるってことですよね。。。

 

▼▼▼▼▼▼追加要素について▼▼▼▼▼▼

マンモス年に入ると、「ログインボーナス」があるそうです。

ちょっと楽しみ。

また、ローグスキンヒーローが追加予定らしい

 

そろそろ自分はスタンダードきついかなー。

新しいパックムキムキしないといけなくなる。

【酒場の喧嘩】鮮血の魔術

ロックです。

 

今回はウォーロックのレジェンドカードのようなルールですね。。。

 

▼▼▼▼▼▼今回のルール▼▼▼▼▼▼

1.スペルはすべてそのマナ分のダメージを受けることで発動できる

2.マナスペルに対してライフの方が低いと発動できない

3.ライフダメージを受けてからスペルは発動する

 

▼▼▼▼▼▼今回のポイント▼▼▼▼▼▼

1.スペルが割と序盤から使い放題

2.ライフ回復手段を入れておかないと安定しない

3.アグロデッキが有効だぞ!

4.ハンドアドバンテージを意識しないときつい

 

▼▼▼▼▼▼今回のヒーロー▼▼▼▼▼▼

文句なしにパラディン

今回のルールだとマジで頭おかしい。

 

パラディンの場合・・・

 頭のオカシイことに、1マナ1/1Charge(突撃)持ちミニオンがフィニッシャーになる。

 ミニオン強化スペルとドロースペルを山ほど詰め込み、1ターン目でフィニッシュなんてことも。。。

 8マナ 8ライフゲイン、3ドローが、実質0マナで3ドローできると考えれば強さがおかしいことを理解してもらえると思う。

 また、パワーを2倍にするスペルがあるのもずるい。

 

ドルイドの場合・・・

 上記パラディンとかの対策として、ライフ回復やTaunt(挑発)ミニオンの生成が簡単にできるって意味で強い。

 ムーンクレイドルのポータルは実質0マナで6マナミニオンを出せると考えれば強い。

 また、生命の樹による全回復もあるので、持久戦強し。

 個人的には、生きている根などでミニオンを増やした後に「パワー上納」を使えば、マナクリスタルを大量に確保できるという点も見逃せない。

 

【カード紹介】致死毒の運用について

ロックです。

 

今回は基本カード。

皆持ってるスペルカードってやつですな。

 

▼▼▼▼▼▼致死毒▼▼▼▼▼▼

f:id:mdbrothers:20170212043220p:plain

▼▼▼▼▼▼特徴▼▼▼▼▼▼

1.ローグの十八番。武器強化スペル

2.1マナスペルなので軽い

3.ヒーローパワーと合わせれば、2体の2~3マナミニオンを倒せる優れもの

4.秘伝なのかよ
 

▼▼▼▼▼▼強いところ▼▼▼▼▼▼

 1マナスペルで対象が武器なので、タイミングさえ合わせられれば、ミニオン除去市ながらコンボ条件を満たすという、「テンポのよさ」を得られる。

 

特に序盤で2マナミニオンなんかを除去するのに便利。

ヒーローパワーでさえ、2マナミニオン2枚分をこのスペルカード1枚で倒せると考えれば、1:2交換で悪くない。

 

後半に引いた場合、最後のダメ押しでヒーロー本体をたたけるのも〇。

カジェッツァンの競売人とのシナジーも押して図るべし。

 

▼▼▼▼▼▼弱いところ▼▼▼▼▼▼

デカイミニオン相手には完全に無力。

武器破壊されると涙目。

特に仁義なきカジェッツァンのパックで武器破壊がメタとして通用する環境だとキビシイ。

また、後半に引いた場合に、相手ボードをクリアできる能力はない。

1ターンに1体しか倒せないという点は変わらない上に、デカイミニオン相手に殴りかかってライフアドバンテージを失うとキッツイ。 

 

▼▼▼▼▼▼総評▼▼▼▼▼▼

コンボ要因兼、アグロデッキか、カジェッツァンの競売人を前提としたミラクルローグなど、使い道は広い。

広いが、逆に言うと、他のカードありきという点は忘れてはならない。

闘技場だと頼れる一枚なので、割と有用。

 

※ このサイトで記載している内容は、個人的な見解を基にしています。

【カード紹介】地の底の探索の運用について

ロックです。

 

個人的にはこのカード好きなんですけど。。。

使いづらい。

 

▼▼▼▼▼▼地の底の探索▼▼▼▼▼▼

f:id:mdbrothers:20170212043144p:plain

▼▼▼▼▼▼特徴▼▼▼▼▼▼

1.Deathrattle(断末魔)を持ったミニオン(ローグが使えるミニオン限定)をDiscover(発見)できる

2.1マナスペル!コンボの元ネタに最適。

3.トレジャーハンター!
 

▼▼▼▼▼▼強いところ▼▼▼▼▼▼

 1マナでコンボの元ネタになり、カジェッツァンの競売人とも相性がいい。

自分の持っていないレジェンドなんかもさらっとでるため、カードパワーの高いミニオンを引ければ及第点。

Deathrattle(断末魔)デッキならさらにシナジーを得られる。

 

▼▼▼▼▼▼弱いところ▼▼▼▼▼▼

盤面を触らず、何よりもDiscover(発見)が若干ギャンブル。

カードパワーの高いミニオンを引ければいいが、よわっちーミニオンが引けてしまったときに割と涙目。

単純にマナテンポを失うだけになってしまうというのがなんとも、、、

 

▼▼▼▼▼▼総評▼▼▼▼▼▼

Deathrattle(断末魔)デッキじゃないとまずお呼びがかからない。

ミラクルローグならワンチャンあるが、Deathrattle(断末魔)ミニオンという点は、

若干厳しいのと、ハンドオーバーの要因になりそうで怖い。

 

闘技場でもマナテンポがちょっと厳しい。

何よりレアなので闘技場ではちょっと。。。

 

※ このサイトで記載している内容は、個人的な見解を基にしています。

【カード紹介】集合の合図の運用について

ロックです。

 

今回はミルローグに欠かせないスペルを紹介。

 

▼▼▼▼▼▼集合の合図▼▼▼▼▼▼

f:id:mdbrothers:20170212043104p:plain

▼▼▼▼▼▼特徴▼▼▼▼▼▼

1.デッキを増やせる数少ないスペル

2.基本的にはBattlecry(雄たけび)系ミニオンや強力なミニオンをデッキにコピー

3.数の力は偉大です

 

▼▼▼▼▼▼強いところ▼▼▼▼▼▼

デッキを増やして、デッキ切れのダメージを減らしたり、レジェンドミニオンすらコピーできるのが強み。

3枚分のミルダメージを防げるのは何気にデカイ。

 

主にコールドライトの託宣師やレノなんかをコピーすることで、ミルローグの真骨頂を発揮できる。

 

何気なく相手ミニオンも対象にとれるため、相手がレノジャクソンなどで「勝った!」と思ったところをレノコピーなんて真似もできる。

 

▼▼▼▼▼▼弱いところ▼▼▼▼▼▼

 ボードを全く触らないので、ボード負けしてるときに引くと悲劇。

デッキからコピーしたカードを引く分、引きたい除去が引けなくなる可能性も。。。

なにより、レノジャクソンの効果を確実に条件未達成にしてしまう。

 

▼▼▼▼▼▼総評▼▼▼▼▼▼

なかなかに難しいところだが、引きまくるデッキなら全然使えるスペル。

ミルローグ的にはデッキ切れで逆に自分がしにましたーという状況を減らせるので、

ぜひ入れたいところ。

クトゥーンローグに入れるのも面白い。

 

※ このサイトで記載している内容は、個人的な見解を基にしています。

【カード紹介】腹裂きの運用について

ロックです。

今回はどんなデッキでも入れやすい、ローグのスペルカード!

 

▼▼▼▼▼▼腹裂き▼▼▼▼▼▼

f:id:mdbrothers:20170212042143p:plain

▼▼▼▼▼▼特徴▼▼▼▼▼▼

1.2マナスペルとして2点ダメージはちょっと微妙・・・2マナスペルで4点なら破格

2.本体にも飛ばせるので、最後のダメ押しにもよし。

3.シミ以前に大変なことn
 

▼▼▼▼▼▼強いところ▼▼▼▼▼▼

タフネス4を倒せるというのは、割と4~5マナ域のミニオンが一枚で倒せるということで。。。マナテンポが抜群。

2マナカードで4~5マナ域を一撃で倒せれば、1:1交換とはいえ、「マナテンポが大幅に優位」になる。

4マナ相手が使ってれば、こちらは2マナでなんかやりつつ、2マナでボードクリアってことが可能なわけですね。

 

マリゴスデッキなら是非入れたいし、そうでなくてもミニオン除去として優秀。

 

▼▼▼▼▼▼弱いところ▼▼▼▼▼▼

コンボがないとちょっと微妙。

ハンド的には1:1交換にしか絶対にならないところ?

高コストミニオンは一撃で倒せない火力? 

 

▼▼▼▼▼▼総評▼▼▼▼▼▼

悪いところがあまりないというスバラシイスペル。

高コストの相手ミニオンを一撃で倒す能力はないが、十分すぎるほど優秀。

 

※ このサイトで記載している内容は、個人的な見解を基にしています。