読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【初心者向け講座】闘技場の勧め ~デッキ構築編

どうも、ロックです。

 

今回はちょっと思い当って闘技場関連について書いていこうかと。。。

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼闘技場でのデッキ構築▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

デッキ構築をする上で、以下の点に留意してもらいたい

 

1.下手なスペルよりミニオンを優先

2.ミニオンは2~3コストを3~4枚は確実に確保

3.コストのバランスを意識

4.全体除去スペルは大事

5.ミッドレンジが強い

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼下手なスペルよりミニオンを優先▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

闘技場では、ミニオンの除去が難しいため、ミニオンの展開がメインとなるはずです。

除去カードが少ない環境で、高スタッツミニオンは本気で倒しづらい!

こちらも高スタッツミニオンを用意するか、確定除去などで潰していくことになります。

ヒーローパワーによっては全くミニオンを倒せない場合すらあるわけなので、

下手にコンボ系のスペルを拾うくらいなら、ミニオンをとったほうがいいです。

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼2~3コストのミニオン確保▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

上記ミニオンの展開を挙げたが、序盤でミニオンを展開しきれないと、

相手の小型ミニオンにひたすら殴り続けられてしまう。

ライフアドバンテージとボードアドバンテージは序盤から取れないと、後半で取り返せる状況はかなり少ない。

序盤のミニオン展開が必要なため、ある程度2/3や3/4のミニオンを拾っておこう。

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼コストのバランスを意識▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

上記低コストミニオンに付随することだが、俗にいう「マナカーブ」と言われるものを意識した方がいい。

 

基本的には2~3コストをカード数多くし、そこからなだらかに高コストカードが並んでいくと理想。

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼全体除去スペルは大事▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

ボードアドバンテージを取り返しづらい、といったが、全体除去スペル一枚で相手のミニオンを2~3焼き殺せれば、割とアドバンテージを取り返せる。

1:3交換で相手ミニオン3体を焼き殺せれば、大きなアドバンテージになるはずです。

 

逆も然りですが、相手ヒーロー次第で全体除去(AOE)を意識しましょう。

メイジ:全体1点or全体2点or全体4点

ハンター:Secret(秘策)全体2点、最大3体に2点、ランダム2体に3点

ウォリアー:全体に1点、ランダム2体に2点

ドルイド:全体2点、全体1点+1体に4点

シャーマン:全体に2~3点、ランダム2体に2点

ローグ:全体に武器のパワー分、全体1点

プリースト:全体2点、条件付きで全体4点

ウォーロック:全体2点、全体3点、全体にミニオン1体のパワー分

パラディン:全体2点

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼ミッドレンジが強い▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

上記全体除去を見るとわかるが、「タフネス4以上を一気に落とせる全体除去が少ない」

よって、ミッドレンジのタフネス4以上を持ったミニオンが展開し切れると、

大分強い。

相手もミニオンのぶつけ合いで殴りにいかないといけなくなるわけだが、

4~5コストのミッドレンジミニオンがさっさと出せた場合、相手へのプレッシャーが半端ないわけですな。

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

大雑把にデッキ構築について語ってみました。

スタッツの見方とかはまた今度。