ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【初心者向け講座】闘技場の勧め ~ミニオン選択編

どうも、ロックです。

 

今回は闘技場(アリーナ)でのミニオンを選択する上で必要な情報を載せていきます。

必須情報!・・・タブン。

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼ミニオンのスタッツ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

ミニオンの強さを見るうえで外せないのが「スタッツ」という要素。

スタッツはパワーとタフネスの合計を2で割った値。

ミニオンとしての強さを図る指標です。(以前ちょっと話したかも)

 

図式としてはこんな感じ。

 

マナコスト>(パワー+タフネス)/2 ←スタッツ・・・良くない。

マナコスト=(パワー+タフネス)/2 ←スタッツ・・・割と普通。

マナコスト<(パワー+タフネス)/2 ←スタッツ・・・優秀!

 

そして、タフネスが4以上あるといい。というのは前回の記事でちょっと話した。

総じて5コスト付近が多いと思うけど、実は「高コストになるほどスタッツは下がる」

5コスト 4/5とか、6コスト5/5とかがザラ。

それ以上のスタッツを目指すと、どうしても「デメリット能力」が発生する。

 

この点を理解してミニオンは選択したほうがいいでしょう。

逆に、スタッツは低くても能力が強くて採用!ということもあるはずです。

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼ミニオンの能力優先度▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

おおざっぱに個人的な見解。

◆優先度高の能力

 デスラトル

 インスパイア

 ディバインシールド

 サイレンス

 ディスカバリー

◆普通の能力

 トーント

 バトルクライ

◆優先度低の能力

 チャージ

 エンゲージ

 

デスラトルはとにかく「場にミニオンが残る」というのが強い。

1枚のカードで2体分のミニオンとなる、という点を考慮してほしい。

相手は2枚以上のカードを使って倒すか、サイレンスを使うしかない

 

インスパイアはカード資産が限られている闘技場において、

除去がなければひたすら使いまわせる点で強い。

ただし、ボードアドバンテージをとれていないと、どうやってもやられてしまうので若干順位が下がる。。。マナも使いますしね。

 

ディバインシールドはデスラトルと同様、場に残りやすいので採用しやすい。

 

サイレンスは上記カード軍の天敵なため、一枚は入れておきたい・・・!

 

ディスカバリーは「手札が増える」という点でやはり強い。

持続性の観点から低めにしたが、下手なデスラトルよりもディスカバリーを入れたほうがいい場合もある。

 

トーントはあれば便利だが、ほかの能力に一歩劣る。

 

バトルクライは効果によるが、やはり即時性の点で強い。

が、一回限りであることから若干低め。

 

チャージとエンゲージはそこまで重要視しなくていい。

チャージに関してのみ、火力スペルが足りない場合に「動く火力」として採用はできると思う。

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼ミニオンでほしい能力▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

基本的には「場にミニオンを残す」「相手のミニオンを倒す」「高スタッツ」

この3点を重要視したい。

もちろん、高コストミニオンばかり入れていては、簡単に負けてしまうので、

ナバランスは重要。

 

要は、コスト毎に強いミニオンを覚えておけばOK!ということですね。

具体的に共通ミニオンでのおすすめは、以下3体。

 

▼呪われた蜘蛛      2マナ 1/2

▼刈入れゴーレム     3マナ 2/3

▼手動操縦のシュレッダー 4マナ 4/3

 

迷ったらこいつら入れていい。

全部デスラトルもちなんだが、合計スタッツを考えてほしい。

 

▼呪われた蜘蛛      2マナ 1/2 デスラトルで1/1が2体

 合計 3/4 スタッツ 3.5

▼刈入れゴーレム     3マナ 2/3 デスラトルで2/1が1体

 合計 4/4 スタッツ 4

▼手動操縦のシュレッダー 4マナ 4/3 デスラトルで2マナミニオンが1体

 合計 4+最低0  /  3+最低1 最低スタッツ 4

 

どうやっても強い。

もちろんサイレンスの脅威はあるが、それでもスタッツがもともと普通なので問題ない。

こう考えるとバトルクライもありだと思うかもしれないが、タフネス低めなミニオン

相方として出てくること多めなので、若干使いづらい。

全体除去や低コストミニオンで撃ちとられてしまうと、なかなか厳しいものがある。

それでも、1:2交換にはなるので、たいてい有利。

※ メイジには適用されない。。。

 

以上、ミニオンの選択時に参考にしてもらいたい。