ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【スタンダード落ち】プリーストの影響を分析

ロックです。

 

プリーストは今回、割とヒドイ目にあったといえばあったカンジですね。

実際のところ、コントロールデッキが多いと思うので、光爆弾のような相手ミニオンを破壊するカードが落ちるのは割とイタイ。

 

シュリンクマイスターは、ほかのパワー参照系カードとのシナジーを持ったカードだったのだが・・・これも本気でつらい。

相手のコントロールを奪えなくなると、ミニオン戦のみだとプリーストがいかにつらいかはやってる人ならわかるはず。

 

生き残るのはドラゴンプリーストだけになるんでしょうか。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆ナールの光
 1マナ ミニオンかヒーローを対象とする。それを3点回復する。まだそれがダメージを受けている場合、ライトウォーデンを召喚する。

◆ヴェレンに選ばれし者
 3マナ ミニオンを対象とする。それは+2/+4の修整を受け、呪文ダメージ(Spell Damage)+1を得る。

◆光爆弾
 6マナ 全てのミニオンは自分の攻撃力と等しい数のダメージを受ける。

シュリンクマイスター
 2マナ (3/2) 雄叫び(Battlecry): ミニオンを対象とする。ターン終了時まで、それは-2/-0を付与する。

◆シャドウボクサー
 2マナ (2/3) いずれかのミニオンまたはヒーローが回復したとき、無作為に選ばれた対戦相手のミニオンかヒーローに1点のダメージを与える。

◆闇の教団の使徒
 3マナ 3/4 断末魔(Deathrattle):あなたのミニオン1体に+0/+3を与える

◆ヴォルジン
 5マナ (6/2) 雄叫び(Battlecry): ミニオンを対象とする。そのミニオンの体力とこのミニオンの体力を入れ替える。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー