読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【旧神のささやき】共通編(レア) カードの考察と分析

ロックです。

 

レア部門はとにかくサポート的なカードが多い。

おそらくみなさんサクサクとパックをむいているとおもうので、簡単に手に入るとは思いますが。。。

 

▼▼▼▼▼クトゥーンの門弟▼▼▼▼▼

3マナ (2/1) Battlecray(雄たけび):2ダメージを与える、自分のクトゥーンに+2/+2の修正を与える(居場所は問わない)

 

クトゥーンデッキなら必須クラス。

2点で相手の小型ミニオンを倒しつつ、本体が出てくるだけでも強いのに、

クトゥーンに強化もする。

 

▼▼▼▼▼シリシッド・スウォーマー▼▼▼▼▼

3マナ (3/5) このターンに自分のヒーローが攻撃した場合のみ攻撃できる。

 

良スタッツなんだが、能力が厄介すぎる。

ローグでなら使えるかもしれないが、それ以外のヒーローとしては無理にこのカードをいれてまで3マナ域を圧迫しなくていい。

闘技場ではまずいらない。

 

▼▼▼▼▼ブラックウォーターの海賊▼▼▼▼▼

4マナ 海賊 (2/5) 自分の武器のコストが2減少

 

海賊デッキならいれていいかもしれない。

特にローグやウォリアーにとっては結構有用ミニオン

ただし、本体が4マナでタフネス5なので、1ターンくらい生き延びたら御の字程度。

ハンターで入れるにはコストが重すぎるが、入れたら入れたで、バズーカなんかが0マナで唱えられると思うと割とありなのか・・・?

 

▼▼▼▼▼ミッドナイト・ドレイク▼▼▼▼▼

4マナ ドラゴン (1/4) Battlecray(雄たけび):このカード以外の自分の手札1枚ごとに攻撃力+1を得る。

 

ハンドロックやコントロール向けのカードに見えるが、タフネス4は構築だと落ちやすい。

Zooでもない限り、単体火力で焼き殺される未来しか見えない。

Zooだとしたら逆に効果が発揮しきれないので悩ましいところ。

 

▼▼▼▼▼秘密を食らうもの Eater of Secrets (レア)▼▼▼▼▼▼▼
4マナ (2/4) 雄叫び:敵の秘策全てを破壊する。1つ破壊する毎に、+1/+1を得る

 

お守り代わりに1枚忍ばせると意外な効果を発揮させる。

以前紹介したが、使ってみた感じはやはりというべきか、クトゥーンデッキが流行中なので、相手はSecret(秘策)を使うデッキが少ない。

というか、このカードの存在があるせいでSecret(秘策)系のデッキが軒並み被害をこうむってるともいえる。

何より、シクパラが仇討ちのスタン落ちによる影響を受けたことで、シークレット対策をとる必要が少なくなったせいともいえる。

 

▼▼▼▼▼狂闘品のヒールロボ  Corrupted Healbot ▼▼▼▼▼

5マナ メカ (6/6) 断末魔:敵のヒーローの体力を8回復する。

 

以前紹介したが、結構強力なカード。

8点ライフゲインのデメリットさえ、このスタッツの前には割と些細な事。

また、ン=ゾスによる復活の恩恵もあるため、実は使い勝手がいいカードでもある。

 

▼▼▼▼▼コールドライトの妖幻者▼▼▼▼▼

6マナ マーロック (2/3) Battlecray(雄たけび):マーロックではないすべてのミニオンに2ダメージを与える。

 

マーロックパラディンにでも入れろと言わんばかりの性能。

最低なスタッツではあるが、除去になるという点は割とありがたい。

 

特に闘技場では全体火力の代わりになるカードなので、結構強い。

ただし、レアなので、他のカードもヒドイレアでない限り、出番は少ない。。。はず!

 

▼▼▼▼▼スケラムの狂信者 Skeram Cultist ▼▼▼▼▼

6マナ (7/6) 雄叫び:自分のクトゥーンに+2/+2を付与する(居場所は問わない)。

 

クトゥーンデッキのために作成するほどのカードではない。

レアなので作りやすいが、6マナ域ならもっといいカードが山ほどあるので、無理に入れる必要はない。

スタッツ自体は高スタッツなので、闘技場ではお世話になるかも?

 

▼▼▼▼▼破滅の招き手▼▼▼▼▼

8マナ (7/9) Battlecray(雄たけび):自分のクトゥーンに+2/+2を付与する。(居場所は問わない)

クトゥーンが死亡している場合は、クトゥーン1枚を自分のデッキに混ぜる。

 

クトゥーンデッキなら必ず1枚入れておきたい。

クトゥーンをさらっとだしたあとに、即撃破されるのはよくあるパターン。

その後、このカードをおもむろに出せば、相手はこの高スタッツミニオンを倒すために何かカードを使いつつ、次のクトゥーンの対処ができなくなる。

 

ちなみに、書いてある通りではあるが、1度クトゥーンが死亡すれば、仮に1枚クトゥーンが混ぜられていても、2枚目の破滅の招き手を場に出した時点でもう1枚のクトゥーンがデッキに混ぜられる。

ローグなんかでは、手札に戻してもう一度このカードを出すことで割と複数回クトゥーンが場に出せることを覚えておくといいだろう。