読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【旧神のささやき】共通編(コモン) 考察と分析

旧神のささやき 共通

 ロックデス。

デッキ一覧の方があまり人気ないかもしれません。。。

一応こちらのコモンの方を評価終わらせておきましょうか。

 

 

▼▼▼▼▼▼ン=ゾスの触手 Tentacle of N'Zoth ▼▼▼▼▼▼

1マナ (1/1) 断末魔:全てのミニオンに1ダメージを与える。

 

実質的にコントロールにしかいれないであろう1体。

1マナという軽さは大したものだが、Deathrattle(断末魔)なので結構きつい。

2マナ域のミニオンとの相打ちが取れるミニオンであることと、全体1点であることを考えると、ウォリアーのEngae(激怒)や、闘技場での疑似除去としての役割が期待。

 

▼▼▼▼▼▼熱く教えを乞うもの▼▼▼▼▼▼

1マナ (1/1) Deathrattle(断末魔):ランダムな味方のミニオン1体に+1/+1を付与する。

 

1ターン目に出せれば結構強い。

ランダムだが、2ターン目にミニオンを出せれば、相手のタフネス1ミニオンと交換しながら強化ができる。

相手はこれを嫌がって1ターン目から焼きに来ればめっけものくらいで。

 

▼▼▼▼▼▼ウォーゲン変異体 Twisted Worgen▼▼▼▼▼▼

2マナ (3/1) 隠れ身

 

実にアグロチックな性能。

2マナ域でのパワー3は結構強烈。

メイジの魔法の矢で焼かれることもあるが、大概3点ダメージがどっかに飛ぶ。

 

▼▼▼▼▼マーロックの鯉ド変態 Bilefin Tidehunter▼▼▼▼▼

2マナ マーロック (2/1) 雄叫び:挑発を持つ1/1のOozeを1体召喚する。    

 

2マナで合計3/2。なんだが、出てくるOozeはマーロックじゃないのがいただけない。

タフネス1はどんなやつとも相打ちが取れてしまうので、正直微妙。

マーロックの特性も生かせないと来ればなおさら。 

 

ただし、ウォーロックのZooのようなアグロデッキを組むなら話は別。

Taunt(挑発)が1体場に出るというだけで他のミニオンが相手のミニオンの相手をせずに殴りに行ける点が強い。

 

▼▼▼▼▼▼石牙の異能死屍(コモン)▼▼▼▼▼▼

2マナ 獣 (4/1)

 

単純なスタッツを持ったミニオン

2マナ域でパワー4は脅威なんだが、他に何も能力を持っていないバニラ

(特殊な能力のない生物カードをカードゲーム用語でバニラと称する)

相打ちがとりやすいのはいいが、2マナ域でこのカードははっきり言って不要。

以前の酒場の喧嘩ルールなら採用するかもしれないが、現状構築でも闘技場でも厳しい。

 

▼▼▼▼▼▼邪悪の誘い手 Beckoner of Evil(コモン)▼▼▼▼▼▼

2マナ (2/3)  雄叫び:自分のクトゥーンに+2/+2を付与する(居場所は問わない)。

 

プレイヤー全員に配られるミニオン。作成不可。

クトゥーンデッキなら必ず入れたい。

2マナとしての性能を持っているので、序盤の抑えとして使い勝手がいい。

 

▼▼▼▼▼▼黄昏の槌の地霊術師 Twilight Geomancer   ▼▼▼▼▼▼

2マナ (1/4) Taunt(挑発)。Battlecray(雄たけび):自分のクトゥーンに挑発を付与する(居場所は問わない)。 

 

地味に使いやすい。

というのも、クトゥーンデッキではなくても、序盤の抑えとしてタフネス4は割と優秀。

デスロードが落ちた今、プリーストなんかであればほぼ入れておきたい。

もちろん、クトゥーンデッキで! 

 

▼▼▼▼▼▼グマグ・レイジャー Am'gam Rager▼▼▼▼▼▼

3マナ (1/5)

 

バニラで種族特性もなし。

コメントも難しい・・・。

スタッツ自体は悪くないんだが、パワー1というのは本当に使いづらい。

正直ほとんどのデッキで不要な認識。

 

▼▼▼▼▼▼のたうつ触手Squirming Tentacle  ▼▼▼▼▼▼

3マナ (2/4) Taunt(挑発)

 

低コストでのTaunt(挑発)持ちミニオンとしては優秀。

デスロードの代わりにこのミニオンというのは悪くない。

 

▼▼▼▼▼▼ン=ゾスの落とし子 Spawn of N'Zoth  (コモン)▼▼▼▼▼▼
3マナ (2/2) 断末魔:味方のミニオン全てに+1/+1を付与する。  

 

Deathrattle(断末魔)デッキでは有用。

そうでなくても3マナ2/2は及第点。

パラディンやシャーマンなどのミニオンがばらまかれるヒーローとも相性がいい。

 

▼▼▼▼▼▼黄昏の鎚の長老 Twilight Elder(コモン)▼▼▼▼▼▼

3マナ(3/4) 自分のターンの終了時、自分のクトゥーンに+1/+1を付与する(居場所は問わない)。

 

クトゥーンデッキならまず入れたい。

 3マナ域での優秀なミニオンなので、単純においておくだけでも割と時間稼ぎになる。

特に相手は毎ターンこのカードの効果でクトゥーンが強化されるのを嫌うため、

たいていの場合除去に走る。

 

▼▼▼▼▼▼アマニの凶汚染死 Aberrant Berserker ▼▼▼▼▼▼

4マナ (3/5) Engae(激怒):攻撃力+2。 

 

結構優秀なミニオン

4マナ3/5の時点でスタッツ的によく、Engae(激怒)で5/4クラスまで跳ね上がる。

闘技場では割と使い勝手のいいミニオンだが、構築では無理に入れるほどではないですけどね。。。


▼▼▼▼▼▼クトゥーンに選ばれし者 C'Thun's Chosen(コモン)▼▼▼▼▼▼

4マナ  (4/2) 聖なる盾。雄叫び:自分のクトゥーンに+2/+2を付与する(居場所は問わない) 

 

クトゥーンデッキではほぼ1枚は入っているカード。

本体がDivine Shield(聖なる盾)を持っているので、割とほとんどの敵を一方的に倒せる。

タフネス2であることも、Divine Shield(聖なる盾)があることであまり気にならない。

 

 

▼▼▼▼▼▼コボルトの地霊呪痛死 Evolved Kobold ▼▼▼▼▼▼

4マナ (2/2) 呪文ダメージ +2 

 

スタッツが悪い代わりにスペルダメージ+2。

だが、スペルダメージだけのために4マナ域をこのカードで埋めるのはいかがなものかと。

4マナと相手の1マナとの交換などされた日には、目も当てられない。

 

▼▼▼▼▼蝕まれしトーレン Infested Tauren(コモン)▼▼▼▼▼

4マナ (2/3) 挑発。断末魔:2/2のスライムを1体召喚する

 

実は優秀な部類。

スタッツが悪いものの、ン=ゾスで復活できるTaunt(挑発)持ちという点が素晴らしい。

単純にどこかのデッキにいれるとしたらまずいらない子なのがカナシイ現実ですね。

闘技場では割と頼りになるミニオンです。

 

▼▼▼▼▼汚染利品グログロ君 Polluted Hoarder(コモン)▼▼▼▼▼

4マナ(4/2) 断末魔:カードを1枚引く。

 

以前紹介したが、このカードをデッキに入れるならン=ゾスくらいしか思いつかない。

しかし、無理にン=ゾスのデッキに入れるにしてはカードパワー不足な気が・・・。

 

▼▼▼▼▼カルトの薬師Cult Apothecary(コモン)▼▼▼▼▼

5マナ (4/4) 雄叫び:敵のミニオン1体につき、自分のヒーローの体力を2回復する。

 

貴重な回復ミニオン

ただし、相手のミニオン展開を待ってからこのミニオンを場に出すならば、

ブランと同時でなければ回復が追い付かない。

かつ、何かしらの全体除去を持っていないと、ただ単にライフを削られるだけなので、注意が必要。

結局のところ、骨董品のヒールロボと比較したときにその回復力の不安定さに悩まされる。

 

▼▼▼▼▼マジキチ・オ・トロンPsych-o-Tron▼▼▼▼▼

5マナ メカ  (3/4) Taunt(挑発)、Divine Shield(聖なる盾)

 

ヘドロゲッパーの代わりとして5マナ域の頼れる守護神になりつつある・・・?

割と使える。

Taunt(挑発)かつDivine Shield(聖なる盾)を持ったミニオンはマジウザがいなくなったことにより、コイツくらいなので割と硬い方です。

 

▼▼▼▼▼ネルビアンの預言者 Nerubian Prophet ▼▼▼▼▼

6マナ (4/4) 自分のターンの開始時に、このカードのコストが(1)減る。 

 

アグロデッキに割と最適な能力。

初期マナコストを見ると割とスタッツがよくないものの、ターンを重ねる毎どんどんコストが下がっていくことから、割と使いやすい。

初期ハンドに居れば6ターンで0マナに。

といっても、そこまで強いとは言い切れないので過信は禁物。

テンポとボードアドバンテージを得やすいカードではある。


▼▼▼▼▼変・クリーパーBog Creeper▼▼▼▼▼

7マナ (6/8) Taunt(挑発)

 

デカイTaunt(挑発)。

闘技場では本当に頼れるTaunt(挑発)持ちミニオン

構築ではちょっと微妙ですね。。。

結局のところ、レジェンドにいる双皇帝ヴェク=ロアが優秀すぎて、7マナ域のTaunt(挑発)持ちとしては敬遠されてしまう。

 

スタッツはいいし、悪くはないのだが他が強すぎた。


▼▼▼▼▼死出路のドラゴンホーク Grotesque Dragonhawk▼▼▼▼▼

7マナ 獣 (5/5) 疾風 

 

獣がついているので、ハンターによるツンドラサイとセットで使えば日の目をみることもあるのだろうか?

それにしてはコストが重いのと、7マナまでハンターが持つ状況だとミッドレンジになってしまう。

そうすると、どうやっても1マナ上にある荒野の方が強い。

総じて使いづらい。

 

▼▼▼▼▼異界の怪異 Eldritch Horror▼▼▼▼▼

8マナ (6/10)  

 

頼れるスタッツ。

8マナ域でこのスタッツは優秀。

闘技場でなら即採用でOK。

構築では。。あまり使わないと思います。。

 

▼▼▼▼▼無Faceless Behemoth(コモン)▼▼▼▼▼

10マナ (10/10) 

 

メチャクチャシンプル。

たぶん10マナのミニオンを場に出すカードとの組み合わせが一番わかりやすい。

 ただし、まず使わないミニオン

10マナは神の領域です。。。