読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【酒場の喧嘩】影の塔

ロックです。

 

今回はなんだろう。ちょっと全体的に強くないかオイ。

1ターンの間に色々しなければならなかったのが割と余裕ある感じですね。

 

▼▼▼▼▼▼今回のルール▼▼▼▼▼▼

1、手札から召喚したミニオンは隠れ身を得る。

2.初期シールド値10

 

ポイントとしては、Deathrattle(断末魔)やBattlecray(雄たけび)、スペルで召喚されたミニオンには適用されないという点ですかね。

 

▼▼▼▼▼▼今回のポイント▼▼▼▼▼▼

「他のカードを参照して効果を発揮するミニオン」が強い!

 

 

「ナイフジャグラー」や「フレイムウェイカー」などの見かけたら即つぶされるようなミニオンたちが強力。

単純にパワー馬鹿も火力に変わる時代です。

ちなみに、Taunt(挑発)持ちミニオンが隠れ身を得ると、Taunt(挑発)の効果を隠れ身の間は発揮しない点に注意。

 

このルールでの終末預言者は凶悪の一言に尽きるだろう。。。

 

▼▼▼▼▼▼今回のヒーロー▼▼▼▼▼▼

 

メイジの場合・・・

 ランダム性を持ったカードが強い。

 単純にフレイムウェイカーやアントニも強力。

 フリーズ効果で隠れ身中の相手を凍らせることもできるので、全体除去多めでも余裕です。

 また、コボルトの地霊呪痛死はいい相棒になるはず。

 

ローグの場合・・・

 ミラクルローグが単純明快にして強い。

 隠れ身後、一撃必殺を狙えるという今回のルールでは割と有力株。

 

パラディンの場合・・・

 こちらはアグロパラディンが無駄な強さを発揮する。

 攻撃力を一気に底上げするスペルが多いので、今回のようなルールでも対応できるはずです。

 

ハンターの場合・・・

 アグロに磨きがかかります。

 ただし、相手がライフ回復したらオワッタと思っていい。

 

ドルイドの場合・・・

 ビーストドルイドがマジで強い。

 グリズリーが隠れ身持ち、1ターン猶予が出るので、ほぼヴァイオレットの効果に巻き込める。

 あとは獰猛な咆哮でフィニッシュ。

 

プリーストの場合・・・

 オウケナイのプリーストによる意味不明な瞬間火力が実現する。

 旧神のささやきで追加されたヒールロボや、エサゾンビを場にだし、

 次のターンにオウケナイのプリーストや回復をダメージに変えるスペルを使えばあら不思議状態。

 

ウォリアーの場合・・・

 相手にTaunt(挑発)がなければ、高速度でわけのわからないwindfuly(疾風)持ちが突っ込むことに・・・!

 具体的には「激昴のウォーゲン」が隠れ身持った後、Engae(激怒)で強化したら2回殴りに行きます。ハイ。