読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【カード紹介】ツンドラサイの運用について

ハンター

ロックです。

 

割とデッキは色々あるんだが、カード資産の問題でとん挫しているものが多い。。。

きままーにハンターのスタンカード、ツンドラサイの長所と短所を上げてみようと思います。

 

▼▼▼▼▼▼ツンドラサイの特徴▼▼▼▼▼▼

f:id:mdbrothers:20160608231826p:plain

1.コドーじゃない、サイです。

2.コイツが場にいると獣特性を持ったミニオンが全部突撃持ちます。

3.生成不可能というか、基本カードです。

4.獣ミニオンと全てシナジーを持っています。

5.5マナのくせにパワー2・・・。

 

▼▼▼▼▼▼シナジー効果+メリット▼▼▼▼▼▼

獣全般。といきたいところだが、特に以下カードが効果的。

・サバンナハイメイン

・荒野の呼び声

・蝕まれオオカミ

 

この辺りはDeathrattle(断末魔)で出てきたミニオンも獣を持っているので、割と使い勝手がいい。

ミニオン限定になるものの、瞬間的に6マナでサバンナは10点、オオカミは4マナで5点の火力を叩き出す。

ン=ゾス様が場に出たときにツンドラサイが生きていれば。。。

また、サバンナとツンドラサイが場に残っていれば、フフラン王女で2/2が突撃していくことにもなる。

 

忘れてはいけないのが荒野の呼び声。

ツンドラサイがいる状態で唱えることができれば、14点バーストという高火力が叩き出せる。

 

単純な強さとして、「ハンターの獣ミニオンがすべて突撃持つとか強くない?」というところが最大のメリット。

 

▼▼▼▼▼▼デメリット(弱点)▼▼▼▼▼▼

本体のパワーが低い。

コストが重い。

スタッツが悪い。

獣がいなければただのサイ。

 

色々言っているが、マナ5というのは、割と中堅どころが出そろい始めている頃合いなので、正直こんなパワー2の相打ちすらとれなさそうなミニオンは虐殺されること請け合い。

そうでなくても火力で焼かれやすい。

このため、ツンドラサイを採用するデッキの場合はコントロール寄りなミッドレンジハンターが多い。

5マナという重さから他の獣と同時に出すことも難しいため、ソーリサン皇帝でコストを下げないとまともに動かないという致命的な弱さも持っている。

 

ハンターにとっては割と貴重な突撃持ちではあるが、現環境では若干パワー不足感が否めないという点もある。

 

▼▼▼▼▼▼総評価▼▼▼▼▼▼

カードがそろっているならお呼びがかかりにくい。

入れても1枚。