ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【カード紹介】希望の終焉ヨグ=サロンの運用について

ロックです。

 

今はきままーにレジェンドの紹介してますが、そのうち全カード評価とか色々できたら。。。イイナ!と。

といっても、今のところ特に運用系の日記は人気ないみたいなのでどうしようか考え中。

今他に考えているのは初心者用の低コストデッキ作ってみるかどうか。。。

とりあえず、ヨグ=サロン行ってみよう。

 

▼▼▼▼▼▼カード紹介▼▼▼▼▼▼

f:id:mdbrothers:20160712003743p:plain

▼▼▼▼▼▼特徴▼▼▼▼▼▼

1.Battlecray(雄たけび)でランダムにスペルを発動する

2.ターゲットもランダム

3.スペルの使用回数なので、自分が唱える必要はない。

4.ヨグ様と言われるほどの爆発力もあるが、ランダムなのがどうしてもイタイ。

5.破滅と停滞がどちらにふりかかるのかはワカラナイ。信仰心次第かと。(ぇ

 

▼▼▼▼▼▼強いところ▼▼▼▼▼▼

1ターンに複数のスペルをガリガリ唱えだすのが強い。

というのは、盤面で負けているときにこのカードを出すと、大概火力が敵に飛んでいき、盤面がキレイになったりする。

 

また、自身のヒーローにとらわれないスペルによって凄まじいライフ回復を行ったり、すさまじいドローを発揮したりと、ギャンブル要素の高いアドバンテージを得ることがあり得る。

 

もちろん、損をすることもあるが、結局は運用次第。

特にドロー系のスペルが当たりやすいイメージなので、10回も唱えれば大概なんかいいことあるはずです。

 

つまるところ、以下アドバンテージで逆転するカードになりえるわけです。

1.ライフアドバンテージ

2.ボードアドバンテージ

3.ハンドアドバンテージ

 

一番発生してオモシロイのは、ローグのスペル。

「集合の合図」でデッキに3枚ヨグ様が追加されたり、「影隠れ」で手札に戻ってきたりということが発生すると、複数回楽しめていいでしょう(ぇ

 

ちなみにだが、「ヨグ=サロンの下僕」やヨグ様本人が唱えたスペルも「スペルを使用した回数」に加算されるため、

ヨグ様が戻ってくると、Battlecray(雄たけび)で唱えたスペルの回数が「スペルを使用した回数」に加算され、「2倍」唱えることになる。

そんなことはなかった。唱えてくれないのを確認。。。カナシイ。

 

特にメイジ使いは「ヨグ=サロンの下僕」が唱えたスペルもカウントされることを覚えておきたい。

盤面に5/4が残りつつ、スペルカウント1は割とヨグデッキでは有用。

 

▼▼▼▼▼▼弱いところ▼▼▼▼▼▼

1.すべてがランダムすぎること

2.一発逆転を狙いすぎるとデッキバランスが崩れる。

3.負けてるときじゃないと出番がない。。。

 

 色々ありますが、やはりランダムなのが厳しいというところ。

 今はメイジやドルイド、ローグに対してヨグデッキが作られているが、

 どうにも爆発力が不安定すぎてコワイ。

 

 ※ ちなみに私の場合、10枚前後のスペル回数で相手のライフ30を削りきったりもしたことがある。

 

▼▼▼▼▼▼総評▼▼▼▼▼▼

使いづらい。

だが、オモシロイ。

 

使い勝手は非常に難しいが、「1枚ですべてをひっくり返す可能性を持つ」という点がやはり強みになる。

ギャンブルすぎるところはあるものの、決して弱くはないんです・・・弱くは・・・。