読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【ワン・ナイト・イン・カラザン】地味な強さと派手な強さのカードが追加された・・・カード考察その2

ロックです。

 

なんかこう、ドハデではないが堅実なカードと、

エライハデトイウカ、ナントイウカ。

 

▼▼▼取り屋の俳優(共通:コモン)▼▼▼

2マナ (3/2) Taunt(挑発)

 

単純な強さ。

2マナ域で言えば良スタッツ。

Taunt(挑発)も持っているので普通の3/2を使うよりはこのミニオンを入れた方がいいのだろう。

闘技場では2マナ域が貴重なので活躍の場は多いと思う。

 

問題は、構築だと2マナ域が激戦地区ってことだろうか。。。

コントロール だとしても、メイジやウォリアーの2マナ域は有用なカードが多い。

リミテッドでの強さが期待されるカードですね。

 

▼▼▼カラ・カザーム!(ウォーロック:コモン)▼▼▼

5マナ スペル 1/1のロウソク、2/2のほうき、3/3のティーポットを1体ずつ召喚する。

 

合計スタッツ6のアホみたいなカード。

ウォーロックによる人海戦術にもかみ合っており、5マナで合計6/6が出るのは割と脅威。

次のターンに相手から全体除去食らったとしてもまぁ、しょうがない。

現在ダークシャイアの議員がいることを考えても、1枚で3体のミニオンを召喚するのは単純にして強烈。

 

闘技場でもコモンというレアリティの低さから、引きやすく、強い。