読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【ワン・ナイト・イン・カラザン】ドルイドのカード分析・考察

ロックです。

 

▼▼▼▼▼▼動物園の監視員(コモン)▼▼▼▼▼▼
6マナ (5/5) 雄叫び:味方の獣ミニオン1体を選択。そのコピーを召喚する。

 

そんなに運営はビーストドルイド強化したいのか?

スタッツ良し、能力も対象を選べば強い。

要するに、強い。

 

6マナでこんなミニオン出していいのか・・・?

獣限定とはいえ、強化されたミニオンでもコピーされると見えるので、カードパワー自体は強い。

ボード安定していないとこんなの簡単に出せませんが・・・!

 

▼▼▼▼▼▼魔法のワタリガラス(コモン)▼▼▼▼▼▼

1マナ 獣 (2/2)

 

スタッツがイイ。

それだけですが、獣という特性と、1マナ帯でここまでスタッツがイイのは少ないので、単純にアグロドルイド作るならおすすめ。

 

▼▼▼▼▼▼ムーングレイドのポータル(レア)▼▼▼▼▼▼
6マナ 体力を6回復する。そしてランダムなコスト6のミニオンを召喚する。

 

6マナミニオンをランダムにする代わりに6点回復を付けちゃうよ!

って何だこのカードは。

カードパワーだけ見るなら強いのだが、正直非常に微妙。

ヨグドルイドにしか使い道ないんじゃなかろうか?

 

コンボドルイドのような高コスト早期展開系のデッキだと、そもそも初期ブーストに失敗している時点で割とアウト。

6点回復はでかいんだが、ボード勝ちしている状態で6点も食らっている状況が非常に考えづらい。

そうすると、単純に6マナミニオンを突っ込んだ方が安定するようにも見える。。。

 

ライフゲイン目的でいれるにしては、他のライフゲインカードが強いし、

なんだか中途半端感が否めない。