ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【ワン・ナイト・イン・カラザン】共通カードの分析・考察

ロックです。

 

共通カードは今回ものすごい充実している。

全体的に強いカードが作られたおかげか、本気楽しめると思います。

着色いつしようかな。。。

 

▼▼▼▼▼▼レジェンド部門▼▼▼▼▼▼

◆モローズ

 3マナ (1/1) 隠れ身、自分のターン終了時に1/1の家令を1体召喚する

 

 ビーストドルイドなんかの頭数をそろえるデッキなら、入る余地はある。

 このミニオンを除去するには全体火力1点以上が必要なので、1:1交換もしやすい。

 ただし、今の環境では1点全体火力がわりかしあるので、メタ次第ともいえる。

 

◆バーンズ

 4マナ Battlecray(雄たけび):自分のデッキのランダムなミニオン1体を1/1でコピーして召喚する

 

 以前紹介したが、Deathrattle(断末魔)デッキで猛威を振るっている。

 ラグナロスが出た日には大ヒンシュクもののカード。

 人気なのは、ドルイド、シャーマン以外じゃないかな・・・?

 

 ちなみにコピーを手札に戻して再召喚すればスタッツは戻る。

 Deathrattle(断末魔)で再召喚されても同様。

 

◆マルシェザール公爵

 5マナ (5/6) 対戦の開始時に、自分のデッキにレジェンドミニオンを5体追加する。

 

 デッキ枚数が増えるため、自分の他のカードを手札に加えずらくなる欠点もある。

 それでも運しだいでは強いレジェンドが・・・。

 ギャンブル要素高すぎ。

 

 ちなみにミルローグで使ってみた感覚では、重要なカードや除去引きづらくなるので採用しづらい。

 

◆キュレーター

 7マナ (4/6) Taunt(挑発)、Battlecray(雄たけび):自分のデッキから獣、マーロック、ドラゴンを1枚ずつ引く。

 

 パラディンZooのキーカード。

 後半になって3枚ドローは強い。

 しかもTaunt(挑発)持ち。

 

◆ガーディアン・メディヴ

 8マナ 7/7 Taunt(挑発):カーディアンの大杖アディッシュを装備する。

 

 テンポメイジで活躍中。

 3回だけとはいえ、スペルがミニオン召喚を付与されたようなものなので、強烈

 

 しかも本体がスタッツ割と高いため、テンポもとりやすい。

 

▼▼▼▼▼▼エピック部門▼▼▼▼▼▼

 ◆魔力の巨人

12マナ (8/8) この対戦中に自分が使用したスペルの回数分コストが下がる

 

ヨグ様と相性のいい巨人が登場。

といっても、そこまで高速稼働するわけでもないため、あくまでもヨグデッキでのフィニッシャー系ですかね。

そこまで行くならヨグでほとんど終わってる気がしなくもないですが。。。

 

▼▼▼▼▼▼レア部門▼▼▼▼▼▼

 ◆番鳥

5マナ (3/6) Battlecray(雄たけび):自分のSecret(秘策)が準備されている場合、+1/+1とTaunt(挑発)を得る

 

使い勝手が悪いのと、5マナにしては。。。Secret(秘策)ありきのミニオンですね。

Battlecray(雄たけび)が決まったときのスタッツは、高スタッツ。

Taunt(挑発)持ちというのも貴重。

ある意味他のTaunt(挑発)持ちとすみわけができているのか?

 

◆ブック・ワーム

6マナ ドラゴン (3/6) Battlecray(雄たけび):自分の手札にドラゴンがある場合、攻撃力3以下のミニオン1体を破壊する。

 

割と有望なドラゴンカード。

本人がドラゴンということもあり、ドラゴンシナジーとして手札に抱えて置けるのも強い。

パワー3以下のミニオンというのは結構いるので、闘技場なんかでも積極的に狙いたい。

 

問題はそのスタッツの低さとマナコストの重さだが。。。

闘技場で除去が少なくなりやすい環境上、闘技場のために入ったんじゃないか?ってくらいのミニオンですね。

逆に言うと、構築では重すぎて使いづらい。

 

◆堀に潜むもの

6マナ (3/3) Battlecray(雄たけび):ミニオン1体を破壊する。Deathrattle(断末魔):破壊したミニオンを再召喚する。(召喚するのはコントロールしていたヒーローの場に戻る)

 

期待の新生。。。だったんだが、ちょっとコイツは使わないカナ。

相手ミニオンの疑似除去に使えるのと、自陣のDeathrattle(断末魔)ミニオンを破壊して、能動的にDeathrattle(断末魔)を起動することができる。

 

ネックはスタッツとコストの重さ。

色々確認したわけですが。。。マナコストの問題が割と致命的。

他の協力なDeathrattle(断末魔)ミニオンと同時に出したくても、出せないコスト。。。

 

ちなみにだが、Battlecray(雄たけび)をブランで2回にしても、Deathrattle(断末魔)で復活するのは1体だけ。

さらにいうと、ンゾスや転生で復活させ、Deathrattle(断末魔)再度発動させようとしても、

Battlecray(雄たけび)で破壊したミニオンがいない、という判定を受ける。

このため、再召喚してもDeathrattle(断末魔)で何も起きない。

 

▼▼▼▼▼▼コモン部門▼▼▼▼▼▼

◆ルーンの卵

 1マナ (0/2) Deathrattle(断末魔):カードを1枚引く

 ただのハズレミニオンにしか見えない。。。

 無理に使う必要はないが、デコイにはなるので、闘技場で1マナミニオン枠が余ったら入れてもいいかも・・・?

 

◆魔力異常体

 1マナ (2/1) 自分がスペルを使うたびにタフネス+1

 

 パワー不足感が否めないものの、スペルデッキなら序盤に入れてもいいのか・・・?

 正直ハズレミニオンにしか見えない。

 

◆ネザースバイトの歴史家

 2マナ (1/3) Battlecray(雄たけび):自分の手札にドラゴンカードがある場合、ドラゴン1体をDiscover(発見)する。

 

 ドラゴンデッキで2マナ域としては強い。

 スタッツは普通だが、ドラゴンデッキに十分入れられる強さ。

 ドラゴンを発見するので、後続のドラゴンも展開しやすい。(フェアリードラゴンとか)

 悪くないカードだと思います。

 

◆気取り屋の俳優

 2マナ (3/2) Taunt(挑発)

 

 ヒロイックとかでしかお呼びがかからないかも。。。

 闘技場では2マナとして悪くない強さなんだが。。。

 バニラよりマシって程度で。

 

◆ヴァイオレットア・アイの幻術師

 3マナ 4/3 自分のターン中、自分のヒーローは無敵になる。

 

 武器を持ったヒーローなら悪くない選択。

 ただし、3マナ域というのが非常にナヤマシイ。

 本体のスタッツは高スタッツなので、闘技場ではローグやウォリアー、ドルイドならいれてもいいかも?

 

◆動物園ロボ

 3マナ メカ (3/3) Battlecray(雄たけび):ランダムな味方の獣・マーロック・ドラゴン1体にsorezore+1/+1

 

 パラディンZooの立役者。

 本人も並のスタッツは持っており、味方ミニオンを強化して出てくるので、

 結構強い。

 

◆食糧庫蜘蛛

 3マナ 獣 (1/3) Battlecray(雄たけび):1/3の蜘蛛を1体召喚する。

 

 ビーストドルイドで。。。採用しないと思うミニオン

 闘技場でもパワー不足すぎるので、割とハズレミニオン

 メイジの無貌対策なんだろうか・・・?

 

◆魔力細工師

4マナ (3/2) Battlecray(雄たけび):(0/5)Taunt(挑発)持ちミニオンを1体召喚する

 

Battlecray(雄たけび)の方が重要なんじゃないか?というスタッツ。

合計スタッツは良好なんだが、どうしてもパワー0の相方が壁でしかないというのは、

ネックにしかならない。

正直に4/5ミニオンあたりを入れた方がイイだろう。

 

ただし、トーテムデッキやヨグドルイドなら、割と有用。。。かも?

個人的には構築では入れない。

 

◆動物園の奇術師

5マナ (4/4) Battlecray(雄たけび):ランダムな味方の獣、ドラゴン、またはマーロック1体に、それぞれ+2/+2を与える。

 

動物園デッキの中核その2

スタッツ自体も悪くないし、1体でも強化に巻き込めれば合計スタッツで、良スタッツ。

2体巻き込めれば破格。

 

闘技場でもこのミニオンはよく見ますが、割と有用なのでぜひ、闘技場でも一考してください。

構築でも作れれば強いデス。