ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【酒場の喧嘩】オールスター集結!

ロックです。

 

今回はランダム要素と構築要素のハイブリッドルール!

個人的には面白い。

 

▼▼▼▼▼▼今回のルール▼▼▼▼▼▼

1.好きなカード1枚を選択してデッキ完成

2.選んだカード22枚とランダムに選択されたカード8枚でデッキを構築

 

▼▼▼▼▼▼今回のポイント▼▼▼▼▼▼

ハンドアドバンテージ。

選択するカードは低コストミニオンで確定。

どうやってもメイジとローグが強い。。。

 

▼▼▼▼▼▼今回のヒーロー▼▼▼▼▼▼

メイジの場合・・・

 「おしゃべりな本」がおすすめ。

 相手が1マナで攻め立てるデッキなら、相打ち上等。

 スペルが手札にたまるので、ランダムカードの対応も楽です。

 

 おしゃべりな本・・・1マナ(1/1)Battlecray(雄たけび):ランダムなメイジスペル1枚を手札に加える。

 

ハンターの場合・・・

 「勇猛なる射手」か「ウェブスピナー」がおすすめ。

 手札が簡単に枯渇するので、激励効果の高い「勇猛なる射手」はスゴイ速攻になります。

 ウェブスピナーはDeathrattle(断末魔)で手札に獣が入るので割とハンドアドバンテージを稼ぎやすい。

 

 勇猛なる射手・・・1マナ (2/1)激励:自分が手札を1枚も持っていない場合、敵のヒーローに2点のダメージを与える

 ウェブスピナー・・・1マナ(1/1)Deathrattle(断末魔):自分の手札にランダムな獣カードを加える。

 

 ウォリアーの場合・・・

  「アップグレード」がおすすめ。

  殴り続けることになるのでプリースト相手だと不利だけど。。。

 

 アップグレード・・・1マナ 武器がない場合は1/3の武器に変化、武器がある場合は武器に+1/+1

 

 ローグの場合・・・

  「怪盗紳士」がおすすめ。

  ハンドアドバンテージをガリガリ拾っていきます・・・!

 

 怪盗紳士・・・1マナ(1/1)Battlecray(雄たけび):ランダムな相手クラスのカード1枚を得る。

 

 ドルイドの場合・・・

  「生きている根」が割とおすすめ。

  除去に使えてミニオン展開にも使える。

  「獰猛なる咆哮」引いたら3ターンで相手は投了じゃないかと。。。

 

 生きている根・・・選択:1/1を2体召喚する、または、キャラクター1体に2点のダメージ。

 

 シャーマンの場合・・・

  「メイルシュトロームのポータル」が割とおすすめ。

  基本的に相手がミニオンを展開してきたときのカウンター戦。

  プリーストによる速攻デッキ相手だとちょっと分が悪い。

 

 メイルシュトロームのポータル・・・2マナ 相手ミニオンすべてに1点のダメージを与え、1マナのミニオン1体をランダムに召喚する。

 

 プリーストの場合・・・

  「思念撃破」か、「ライトウォーデン」おすすめ。

 

 思念撃破は、最短5ターンなので決して悪くない。

 特にハンドアドバンテージを取りに行くデッキ相手だと5ターンというのは結構悠長でありながらキッツイ。

 ライトウォーデンは、展開しきった後に殴った相手ヒーローを回復したり、自分ヒーローを回復することで、パワーがけた外れに大きくなっていくため、割と強いと言ったら強い。

 ただし、マーロックデッキに弱い。。。  

 

 思念撃破・・・2マナ 相手ヒーローに5点のダメージ

 ライトウォーデン・・・1マナ (1/2)キャラクターが回復を受けるとパワー+2(敵味方問わない)

 

 パラディンの場合・・・

 「献身の英雄」がおすすめ。

 相手がマーロックだろうが何だろうがDeathrattle(断末魔)でDivine Shield(聖なる盾を張ってアドバンテージを取ってくれる。

 思念撃破とかには弱いけど。。。

 

  献身の英雄・・・1マナ (2/1)Deathrattle(断末魔):Divine Shield(聖なる盾)をランダムな味方ミニオン1体に与える。

 

ウォーロックの場合・・・

 「禁じられし儀式」とか、「闇との袂別」とか・・・?

 正直に「マーロックのタイドコーラー」や「メカワーパー」を使った方がよい気がします。

 

 マーロックのタイドコーラー・・・1マナ(1/2)マーロックが召喚されるたびにパワー+1

 メカワーパー・・・2マナ(2/3)メカのマナコストを1マナ下げる。