ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【酒場の喧嘩】黄色い喧嘩の道

 

ロックです。

 

ドロジーが乱入してきた酒場の喧嘩です。

これはこれで面白いですね・・・!

 

▼▼▼▼▼▼今回のルール▼▼▼▼▼▼

1.初期シールド10

2、各プレイヤーはドロジーの右側にいるミニオンたちがChage(突撃)を得る

3.各プレイヤーはドロジーの左側にいるミニオンたちがTaunt(挑発)を得る

4.デッキは10枚のカード選び、それらが3枚ずつ入ったデッキになる。

 ※何かしらスペルで召喚したミニオンは全部Taunt(挑発)持ちになってしまいます。。。

 

▼▼▼▼▼▼今回のポイント▼▼▼▼▼▼

1.テンポ

2.Deathrattle(断末魔)

3.windfuly(疾風)

4.ミニオン

 

 兎に角テンポロスが発生するとその時点で大きなアドバンテージを失うのが今回のルール。

 相手の全ミニオンChage(突撃)持ってると思ってホシイ。

 いつでも相手はTaunt(挑発)ミニオンが出せると思ってホシイ。

 

 よって、低コストミニオンだけだと簡単に殴り負けしてしまうし、

 高コストミニオンばかりだとテンポロスで負けてしまう。

 

 10枚のカードによるマナカーブには気を付けた方がいいでしょう!

 アグロ風味に行くなら話は別ですが!

 

 

▼▼▼▼▼▼今回のヒーロー▼▼▼▼▼▼

◆共通カードのお勧め

 「爆弾ヒツジ」が全体除去的にいい活躍をしてくれる。

 Deathrattle(断末魔)で2点オールは、割とほとんどのミニオンを爆破してくれるので・・・。

 

 Chage(突撃)のついた「石牙の異能死屍」もパワー4による一撃が素晴らしい。

 

 相手のパワー2以下が並ぶならば、「激高のウォーゲン」がいい働きをしてくれるはず。

 また、ちょっと重いが、「ぐったりガブ飲み亭の常連」はChage(突撃)が付くため、

 相手のミニオンをすべて撃破しながら殴りに行けるのが強い。

 

 「シルヴァナスウィンドランナー」は、高コストまでくれば強いものの、

 無理に入れる必要はない気がする。。。

 

 Taunt(挑発)要因で行くなら、攻撃できない高スタッツミニオンが強い。

 7/7とか4/5がポンポン出てきて、簡単に突破できるわけがない。

 

◆メイジの場合・・・

 超絶ツライ。

 コピーを持っているのであれば、マーロックコピーによる一斉突撃で25点とかも可能だが、正直それだけ。

(「クリムスケイルの託宣師」を「メディヴの残響」でコピーしてChage(突撃)で殴る感じです)

 スペルが今回テンポロスになってるので、ミニオンが強いってのもある。

  ファンデッキでいくならば、マナワームと競売人、魔術師の弟子によるTOKなんかがオモシロイ?

 

◆ハンターの場合・・・

 いいからアグロ風味に攻めましょう。

 Deathrattle(断末魔)持ちミニオンが豊富なので、ガンガン殴り続けることができる。

 特に相手ミニオンを破壊したあと、Deathrattle(断末魔)で復活できるミニオンが多めなので、どんどんボードが取れるはず。

 また、今回に限ってはハイエナも有用。

 

◆ウォリアーの場合・・・

 ガブ飲み亭の常連がやっぱり強い。

 Taunt(挑発)持ちを無条件に増やせることを考慮した「奮起」による全体強化か、

 Chage(突撃)持ちを無条件に増やせることを考慮した「ウォーソングの武将」を採用するのがよさそうに見える。

 

 が、正直キッツイ。

 アグロ相手なら押し返せるものの、ドルイドのような高スタッツミニオンがバラバラ出てくるデッキだと本当にきつい。

 ということで、自分は2択迫るデッキ作った。

f:id:mdbrothers:20161106144613p:plain

◆シャーマンの場合・・・

 「進化」、「windfuly(疾風)」が強すぎる。

 進化系は一度破壊した後、攻撃できないのがネックだったのだが、

 今回のルールではChage(突撃)がつくため、疑似windfuly(疾風)状態になることから、採用。

 windfuly(疾風)持ちは普通にChage(突撃)してくれると考えればものすごい火力を発揮する。

 「転生」もミニオンを増加してくれると考えれば弱いわけがない。

 ※ただし、転生したミニオンはTaunt(挑発)持ちの方に移動します。。。

 「祖霊の導き」に関しては、Deathrattle(断末魔)で復活したミニオンChage(突撃)側ならChage(突撃)持ちとして復活する、と考えれば、どんだけ強いかわかってもらえると思う。

 自分の場合はこんなデッキでほぼ安定。

 ・塵の悪魔 1マナ 3/1 windfuly(疾風) オーバーロード2

 ・進化   1マナ すべての味方ミニオンのコストを1挙げたミニオンで再召喚

 ・回転式ザップ・オ・マティック 2マナ 3/2 windfuly(疾風)

 ・戦利品クレクレ君 2マナ 2/1 Deathrattle(断末魔):カード1枚ドロー

 ・永劫の看視者 2マナ 3/2 Battlecray(雄たけび):ロックされたマナクリスタル解除

 ・祖霊の導き 2マナ ミニオン1体に「Deathrattle(断末魔):再召喚する」

 ・自由なるエレメンタル 3マナ 2/4 オーバーロード毎に+1/+1

 ・ファイアガード・デストロイヤー 4マナ 4/6 Battlecray(雄たけび):パワー+1~4 オーバーロード

 ・炎まとう無貌のもの 4マナ 7/7 オーバーロード2

 ・進化を統べるもの 4マナ 4/5 Battlecray(雄たけび):味方ミニオン1体を進化 

 

◆プリーストの場合・・・

 Deathrattle(断末魔)持ちミニオンをひたすらChage(突撃)させるくらいしか思いつかない。

 幸い「オニキスのビショップ」がいるので、Deathrattle(断末魔)持ち満載でも全く問題ない。

 現環境には「バーンズ」という優秀なミニオンもいるので、適当にDeathrattle(断末魔)ミニオンを場に出しながら殴り続けるだけでも勝てる。

 

 アグロデッキ対策に「爆弾ヒツジ」を入れておくとさらによし。

 バーンズで召喚されるとツライものの、手札にあればタフネス2を一掃できるのは強み。

 また、Chage(突撃)持たせた「ライトスポーン」をタフネス増強させ、20点パンチなんかもできる。

 

◆ローグの場合・・・

 「ピットスネーク」がお手軽除去となるため、ぜひ入れておきたい。

 通常5マナで確殺のところを、1マナで確殺できるのは大きなアドバンテージだと思います。

 「デファイトスの親方」は単純に頭数を増やせるのでぜひ採用したい。

 アグロチックにいくなら「ティンカーの刀研ぎ油」も強いです。

 ・・・Taunt(挑発)対策

  「ピットスネーク」「呆然」

 ・・・Chage(突撃)要因

  「デファイトスの親方」「ティンカーの刀研ぎ油」