読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【仁義なきカジェッツァン】ウォリアーのカード分析・考察

ウォリアー 仁義なきカジェッツァン

ロックです。

 

なんか面白いカードないかなー?と思ってみたらまだ公開されてないのが多すぎた。

 

▼▼▼▼▼▼ウォリアー▼▼▼▼▼▼

◆使えるやつを知ってるぜ(コモン)

 1マナ Taunt(挑発)を持つミニオン1体をDiscover(発見)する。

 

 コモンであること。

 ウォリアーの空白地帯になりやすい1マナを埋めてくれること。

 以上2点から、割と有用。

 ただし、Taunt(挑発)持ちミニオンは優秀なミニオンが高コストにいるか、低コストの代わりにヨワッチィかの2択なので、あまり期待できないともいう。

 

◆煤けた機械職人(コモン)

 4マナ (4/3)自分のターン終了時、自分の手札のランダムなミニオン1体に+2/+2

 

 なにこれ、強い。

 タフネス3なので、割と簡単に死んでしまいそうだが、ウォリアーのTaunt(挑発)で守りきってあげたい。

 ターン終了時なので、少なくとも場に出した1ターンは+2/+2の恩恵を得られるため、序盤にサラッと出してしまっていいミニオンですね。

 相手はこのミニオンを無視できないので、1:1交換がそこでできれば、手札のミニオンに+が入ってる分、アドバンテージも自分が取れる。

 累積すればさらに+というのが大きいですね。

 

◆盗品(レア)

 2マナ 自分の手札のTaunt(挑発)を持つランダムなミニオン1体に+3/+3を付与する

 

 これは一体どういうことだ・・・

 3/+3というパンプ能力が実に強い。

 強いのだが、Taunt(挑発)持ちという制限と、+1体だけというのは若干ネック。

 サルなんかを強化して、次のターンに出せれば、ボード制圧力は高いとは思います。

 序盤に使えると強烈。後半必ずと言っていいほど腐るともいえる。

 上記「使えるやつを知ってるぜ」でDiscover(発見)したTaunt(挑発)ミニオンを強化できれば、良いテンポですし、相手の除去カードを減らせる点ではいいのか・・・?

 なかなか評価が難しいものの、低コストミニオンを強化できるカードとしては、ウォリアー的に貴重ですね。

 海賊ウォリアーなんかでも使えそう。

 

グリムストリートの質屋(レア)

 3マナ (3/3)Battlecry(雄たけび):自分の手札のランダムな武器1つに+1/+1を付与する。

 

 海賊ウォリアーにぜひほしい1枚。

 そうでなくてもウォリアーならぜひほしい。

 スタッツが良好で、能力も強い。

 武器の耐久度が1上がるだけでも強力なのは、海賊ウォリアーが証明してくれている。

 

◆横丁の鎧職人(レア)

 5マナ (2/7) Taunt(挑発)、このミニオンがダメージを与えるたび、そのダメージに等しい分の装甲を得る。

 

 ウォリアー的にほしい能力がしっかりそろっている。

 パワーは低いものの、Taunt(挑発)持ちで、装甲を得る能力がしっかりかみ合っている。

 上記の盗品や、奮起で強化すれば低パワーも気にならない。

 そのまま出しても、無条件にヒーローパワー1回分と考えたら、やっぱり強い。

 高タフネスなので、アグロ対策にもなるため、どうやってもウォリアーには入れたいミニオンですね。  

 

◆メリケンサック(エピック)

 4マナ 攻撃力2/耐久度3 自分のヒーローが攻撃した後、自分の手札のランダムなミニオン1体を+1/+1する。

 

 ウォリアー的にはぜひほしい。

 武器で相手ミニオンを除去するという特性もあるが、攻撃するだけで手札のミニオンが強化されるのは、2重にオイシイ。

 マナの割には耐久度も攻撃力も低いわけだが、必殺の一撃としてCharge(突撃)ミニオンを手札に置いておくウォリアーからすると、このカードはマジで強い。

 以前突撃とパワー+2を与えるスペルがあったわけだが、ナーフされてしまい、今は見る影もない。。。

 しかし、このカードが追加されたのなら意味合いとしては納得であります。

 

 問題点としては、武器としての性能の割にはマナが重いこと?

 パワー2点だと、2マナ域くらいまでしか倒せないんですが。。。

 

 使われ始めるかどうかは、今後のウォリアーミニオンとかの追加具合次第ですかね。