読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【仁義なきカジェッツァン】シャーマンのカード考察・分析

仁義なきカジェッツァン シャーマン

ロックです。

 

やっとシャーマン1枚だけ公開された!

レジェンドが楽しみですが、超強いんだろうな。。。

やっぱり強かった・・・! 

 

▼▼▼▼▼▼シャーマン▼▼▼▼▼▼

 

翡翠の稲妻(コモン)

 4マナ 4点ダメージを与える。翡翠のゴーレムを1体召喚する。

 

 翡翠のゴーレムについては別途記事を書く予定。

 4点ダメージを与えるのが、この記述だけ見ると「キャラクターに」と見える。

 本体にも飛ばせる4点というのは、悪くない。

 ついでのようにミニオンがでるので、アグロシャーマンがはかどりそうです。

 

◆奴らにフカき眠りを(コモン)

 4マナ 1/1のマーロックを4体召喚する

 

 一気に場にマーロックが4体!割と強いです。

 4マナで合計スタッツ4/4とも見えるので十分なカードパワー。

 マーロックの数を参照した、ヒレ伏せのコストも下げられる上に、他のマーロック能力とのシナジーも高い。

 問題となるのは所詮1/1なので、全体除去が多い現環境ではちょっと辛いってことくらいでしょうか?

 

翡翠の族長(コモン)

 7マナ (5/5)Battlecry(雄たけび): 翡翠のゴーレムを1体召喚し、それにTaunt(挑発)を付与する。

 

 翡翠のゴーレムデッキでぜひほしい。

 Taunt(挑発)の付く翡翠のゴーレムが高スタッツになっていれば、このミニオンのスタッツも気にならない。

 トイウカ、後半になればなるほど翡翠のゴーレムは強化されているだろうから、強いデショウネ・・・!

 

◆退化(レア)

 2マナ 相手ミニオンはすべてコストが1下がったミニオンに変化する。

 

 海賊に隠れているが、メチャクチャ強い。

 相手ミニオンを変身させるということは、以下のようなミニオンの対策になる。

 ・Deathrattle(断末魔)ミニオン

 ・スタッツが強化されているミニオン

 

 特に、低コストミニオンのアグロデッキなんかにはキラーカードになり得る。

 変身させられることで、たいていの場合、無害な1/1ミニオンに早変わり。

 1/1のマーロックなんかはメイルシュトロームのポータルで一掃しやすい。

 

 ただし、運要素が絡むのは否定できない。

 Taunt(挑発)を排除しようとしたら変身したミニオンがTaunt(挑発)持ちでありました!とかもありえる。

 何よりも、ミニオンの数を変えるわけではないので、ボード負けしている状況で、除去がないと何もできないスペルではある。

 

翡翠の爪(レア)

 2マナ 攻撃力2/耐久度2 Battlecry(雄たけび):翡翠のゴーレム1体を召喚する。オーバーロード1

 

 メチャクチャ強い。

 武器本体の能力もよく、ついでのように翡翠のゴーレム(ミニオン)が出てくるので、弱いわけがない。

 オーバーロード1は、以前あった2/3の武器と同じマナコストであることもあり、耐久度の代わりにゴーレムが出てくると思えば、気にならない。

 採用するのはもちろん翡翠のゴーレムデッキでしょうね。

 ただし、翡翠のゴーレムデッキでなければ、他の武器が優秀なので枠が厳しい。。。

 

◆ジンユーの水話士(レア)

 4マナ (3/6) Battlecry(雄たけび): 体力を6回復する。オーバーロード1

 

 相変わらずシャーマンのオーバーロード中型は強い。

 体力回復も強いのだが、本体もなかなかのもの。

 4マナとしてのスタッツは持っており、かつ体力回復がついているという時点で、メチャ強い。

 コントロール系のシャーマンには必須クラスになりそうなミニオンですな・・・!

 

ネコババ(エピック)

 1マナ オーバーロードを持つカードを1枚Discover(発見)する。オーバーロード1

 

 ちょっと難しい。

 スペルの水増しとして入れるならともかく、現環境の1マナ域でシャーマンデッキに入れるべきかナヤマシイカード。

 オーバーロードのカードは基本的に強力なカードが多いため、腐ることはないだろうが、2マナのテンポを失ってまで欲しいカードがあるかというと、ナヤマシイところ。

 

 トログの相方として使うなら全然ありだが、ロックされたマナクリスタルをアンロックするカードとセットでの運用が望ましく見える。

 

 闘技場で使えるかもちょっと悩むレベル。

 

◆蓮華の幻術師(エピック)

 4マナ (3/5) このミニオンはヒーローを攻撃した後、ランダムなコスト6のミニオンに変身する。

 

 カードパワー自体は高いのだが、効果を発揮できる気がしない。

 4マナ域のミニオンとしてはスタッツが悪くない、さらに変身できるということは、ある程度ミニオンを除去した後に耐久度回復目的で6マナミニオンに変身できるというのはありがたい。

 ただし、6マナも当たり外れが激しいのと、攻撃する前にやられてしまう可能性が高いため、テレフォンパンチができるかというと・・・。

 条件が若干キビシイものの、闘技場なんかだと即ピックしていい気がする性能ではありますね。

 

◆白眼(レジェンド)

 5マナ (5/5) Taunt(挑発)、Deathrattle(断末魔):自分のデッキに「嵐の守護神」を加える。

 

 5マナのスタッツとしては普通・・・というか相対的に見て優秀。

 Taunt(挑発)も完備されており、死亡すると化け物ミニオンがデッキに混ざる。

 

 一見強そうなんだが、Deathrattle(断末魔)でデッキに混ぜるという即時性のなさと、

Silence(沈黙)一発で色々悲しいことになるのはどうなんだ?

 といっても、現環境でSilence(沈黙)入れるデッキが少ないだろうから、十分優秀。

 ※ 嵐の守護神 5マナ(10/10) Taunt(挑発)