読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【カード紹介】カジェッツァンの渡し守の運用について

個別カード評価(ローグ)

ロックです。

 

コイツレアなんだよね。。。ナンデ・・・?

今後Battlecry(雄たけび)系で強いやつらが出てきたらもっと活躍しそうかも?

 

▼▼▼▼▼▼カジェッツァンの渡し守▼▼▼▼▼▼

f:id:mdbrothers:20170129181015p:plain

▼▼▼▼▼▼特徴▼▼▼▼▼▼

1.2マナ域としてのスタッツは十分に持っている。

2.コンボで味方ミニオンを手札に戻して再度Battlecry(雄たけび)!

3.魚っ!
 

▼▼▼▼▼▼強いところ▼▼▼▼▼▼

2マナとしてのスタッツを持ちつつ、味方ミニオンを手札に戻してBattlecry(雄たけび)を再実行が可能!

また、「若き酒造大師」と異なり、コンボが成立しなければ、強制的に味方ミニオンを手札に戻すということもない。

いらないときはそのまま素だしできるということですね。

 

▼▼▼▼▼▼弱いところ▼▼▼▼▼▼

どうやっても他のミニオンが必要であり、コンボという条件が曲者。

Battlecry(雄たけび)ミニオンを場に出してコイツも。。。となると、どうやってもマナコストがかさむ。

 

マナテンポが微妙っていうことですね。

  

▼▼▼▼▼▼総評▼▼▼▼▼▼

「若き酒造大師」と一緒に入れて、ガンガンBattlecry(雄たけび)を発生させたいときに一緒に入れる、という、コンボデッキにしか入れられないシロモノ。

総じて、デッキを選びまくる。

 

レアというのもちょっと厳しい。

「若き酒造大師」はコモンなので、このミニオンを生成してまで必要なカードともいえない。

闘技場でもレアというのが足を引っ張る。

 

それ以外であれば、闘技場的に悪くない性能。

 

※ このサイトで記載している内容は、個人的な見解を基にしています。