ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【カード紹介】致死毒の運用について

ロックです。

 

今回は基本カード。

皆持ってるスペルカードってやつですな。

 

▼▼▼▼▼▼致死毒▼▼▼▼▼▼

f:id:mdbrothers:20170212043220p:plain

▼▼▼▼▼▼特徴▼▼▼▼▼▼

1.ローグの十八番。武器強化スペル

2.1マナスペルなので軽い

3.ヒーローパワーと合わせれば、2体の2~3マナミニオンを倒せる優れもの

4.秘伝なのかよ
 

▼▼▼▼▼▼強いところ▼▼▼▼▼▼

 1マナスペルで対象が武器なので、タイミングさえ合わせられれば、ミニオン除去市ながらコンボ条件を満たすという、「テンポのよさ」を得られる。

 

特に序盤で2マナミニオンなんかを除去するのに便利。

ヒーローパワーでさえ、2マナミニオン2枚分をこのスペルカード1枚で倒せると考えれば、1:2交換で悪くない。

 

後半に引いた場合、最後のダメ押しでヒーロー本体をたたけるのも〇。

カジェッツァンの競売人とのシナジーも押して図るべし。

 

▼▼▼▼▼▼弱いところ▼▼▼▼▼▼

デカイミニオン相手には完全に無力。

武器破壊されると涙目。

特に仁義なきカジェッツァンのパックで武器破壊がメタとして通用する環境だとキビシイ。

また、後半に引いた場合に、相手ボードをクリアできる能力はない。

1ターンに1体しか倒せないという点は変わらない上に、デカイミニオン相手に殴りかかってライフアドバンテージを失うとキッツイ。 

 

▼▼▼▼▼▼総評▼▼▼▼▼▼

コンボ要因兼、アグロデッキか、カジェッツァンの競売人を前提としたミラクルローグなど、使い道は広い。

広いが、逆に言うと、他のカードありきという点は忘れてはならない。

闘技場だと頼れる一枚なので、割と有用。

 

※ このサイトで記載している内容は、個人的な見解を基にしています。