ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【酒場の喧嘩】鮮血の魔術

ロックです。

 

今回はウォーロックのレジェンドカードのようなルールですね。。。

 

▼▼▼▼▼▼今回のルール▼▼▼▼▼▼

1.スペルはすべてそのマナ分のダメージを受けることで発動できる

2.マナスペルに対してライフの方が低いと発動できない

3.ライフダメージを受けてからスペルは発動する

 

▼▼▼▼▼▼今回のポイント▼▼▼▼▼▼

1.スペルが割と序盤から使い放題

2.ライフ回復手段を入れておかないと安定しない

3.アグロデッキが有効だぞ!

4.ハンドアドバンテージを意識しないときつい

 

▼▼▼▼▼▼今回のヒーロー▼▼▼▼▼▼

文句なしにパラディン

今回のルールだとマジで頭おかしい。

 

パラディンの場合・・・

 頭のオカシイことに、1マナ1/1Charge(突撃)持ちミニオンがフィニッシャーになる。

 ミニオン強化スペルとドロースペルを山ほど詰め込み、1ターン目でフィニッシュなんてことも。。。

 8マナ 8ライフゲイン、3ドローが、実質0マナで3ドローできると考えれば強さがおかしいことを理解してもらえると思う。

 また、パワーを2倍にするスペルがあるのもずるい。

 

ドルイドの場合・・・

 上記パラディンとかの対策として、ライフ回復やTaunt(挑発)ミニオンの生成が簡単にできるって意味で強い。

 ムーンクレイドルのポータルは実質0マナで6マナミニオンを出せると考えれば強い。

 また、生命の樹による全回復もあるので、持久戦強し。

 個人的には、生きている根などでミニオンを増やした後に「パワー上納」を使えば、マナクリスタルを大量に確保できるという点も見逃せない。