読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【大魔境ウンゴロ】パラディンのカード分析・考察

ロックです。

 

なんかどっかで見たことのある効果が・・・威力は段違いです。

 

▼▼▼▼▼▼コモン▼▼▼▼▼▼

◆ハイドロロジスト?

2マナ (2/2)Battlecry(雄たけび):Secret(秘策)1枚をDiscover(発見)する。

 

パラディンには使いやすいSecret(秘策)が多いため、ほぼ2マナ域の常連となりそう。

ハンド補充しつつ2/2という最低限のスタッツ持った2マナなので、ほぼどんなデッキでも入れられると想定。

欲しいのは身代わりや高跳びコドーだが。。。

またさらにパラディン人海戦術に磨きがかかる・・・!

 

◆ジャングルの遭難者

 1マナ 1/1シルバーハンド騎兵を2体召喚する。

 

 人海戦術ここに来たり。

 2体だけとはいえ、1マナで合計スタッツ2/2というのは馬鹿にできない。

 アグロパラディンなら是非使いたいところ。

 

◆Adaptation

 1マナ 味方のミニオン1体を適応する。

 

 クエスト条件達成させるのに有用。

 また、シルバーハンド新兵なんかの1マナミニオンをいきなり強くするという点では

 

▼▼▼▼▼▼レア▼▼▼▼▼▼

◆光合のステゴドン

 4マナ 獣 (3/4)Battlecry(雄たけび):シルバーハンド騎兵を適応させる。

 

 人海戦術きそうですね。

 スタンダードに残っているのは5マナで1/1を5体というスペルくらいのもので、

 マナテンポを考えるとちょっと厳しい。

 能力が発動すれば強いんですけどね。

 といっても、このためのコモンスペル、ジャングルの遭難者なのかもしれませんが・・・?

 

◆剣竜騎乗

 6マナ ミニオン1体に+2/+6とTaunt(挑発)を付与する。そのミニオンの死亡時、ステゴドン1体を召喚する

 

 ステゴドン (2/6)Taunt(挑発)

 

 割と頭おかしいカードパワー。

 最低でも3/7Taunt(挑発)持ちが登場し、その後2/6Taunt(挑発)が出てくる。

 アグロつぶしここに来たれりって感じですな。

 

 問題は6マナって点だけど、十分押し返せるだけのパワーはあると見える。

 

◆Vinecleaver

 7マナ 攻撃力4/耐久度3 自分が攻撃した後、1/1のシルバーハンド新兵を2体召喚する。

 

 割と強烈。

 4/2の武器が4マナであることを考えると、3マナで合計6体のシルバーハンド新兵が召喚されると読める。

 今回新兵自体の強化や適応が来たことも考えるに、結構えげつない威力を発揮しそう。

 問題はやはり7マナという重さか・・・

 

▼▼▼▼▼▼エピック▼▼▼▼▼▼

◆恐竜化

8マナ ミニオン1体のパワーとタフネスを10にする。

 

 3/3にするような弱体化はあったけど、まさかの10/10にするカード。

 ある種のフィニッシャーとなるかも?

 三下集合による1マナアグロパラディンが流行りそうな一枚ですね。

 問題はやはり8マナという重さだろうか・・・。

 個人的にはアグロが8マナまで倒しきれないってやや問題な気が。。。

 ちょっと別の使い方がありそうではありますね。

 

 1マナCharge(突撃)ミニオンからの10点パンチとか面白そう。

 

◆Primalfin Champion

 2マナ マーロック(1/2)Deathrattle(断末魔):このミニオンに自分が使用したスペルをすべて手札に戻す。

 

 クエスト達成のために追加されたようなミニオンと見える。

 マーロックパラディンというのも選択肢的にありってことですかねー?

 基本的に強化スペルの弱点は「ハンドアドバンテージを失いやすい」ということなんだが、このミニオンに与えればそんなことを気にしなくて済む。

 初期スタッツこそ低いものの、優秀には見えますな。

 

 Silence(沈黙)やバウンス食らったらご愛敬。

 

 

▼▼▼▼▼▼レジェンド▼▼▼▼▼▼

◆太陽の番人タリム

6マナ (3/7) Taunt(挑発)、Battlecry(雄たけび):自身を除くすべてのミニオンのパワーとタフネスを3にする。

 

 スタッツは普通。

 某ミニオンを彷彿させる能力だが、効果としては全体なので、シルバーハントに左右されない。

 また、5マナで5体の1/1を並べるスペルがあるため、テンポよく使えそう。。。?

 問題は、5マナ域ならほとんど全体除去があるという点と、相手ミニオンも含めて3/3にすると読める点。

 どっちかっていうと、ミニオン数で勝っているが、相手にデカイミニオンが1体いる!といったときに、相打ち狙いで使えそうな能力と見える。

 何にせよ強烈!

 

◆最後のカレイドサウルス

 1マナ クエスト:自分のミニオンに6回スペルを発動する。

 報酬:ガルヴァドン

 

 ガルヴァドン

 5マナ(5/5) Battlecry(雄たけび):5回適応する。

 

 5マナ域で十分なスタッツに加え、5回の適応、とまぁ、大盤振る舞い。

 スタッツを上げる効果も適応にあることを考えると、8/8windfury(疾風)Taunt(挑発)とか夢広がるミニオンになりそう。

 アグロデッキでほぼ入れたいし、どんなデッキでも活躍できそうな能力ですね。

 ブランと合わせれば10回適応するのかーと考えたら、ワイルドフォーマットも荒れそうですね。。。

 

 なんだが、クエスト条件と報酬ということで、実は超使いづらかった。

 アグロパラディンにするならば、場に出したミニオンを強化して行く形になるわけだが、正直そんな悠長なことを後半にやってられん。

 かといってアグロにしては6回という回数がちょっと厳しい。

 

 少し気になるのは、手札のミニオンを強化した場合、それはミニオン数分だけカウントされるかどうか?

 されるのであれば強烈なんですけどね。

 他、全体スペルなんかで全体強化した場合もカウントがどうなるのか気になるところ。

 手札ならばまだしも、場に出したミニオンを強化したらカウント1だとすると、ちょっとこのクエストは敬遠したいですねー。