ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【凍てつく玉座の騎士団】プリーストのカード考察・分析

ロックです。

 

ついに発売日が決まったけどとりあえず事前評価。

後は共通だけなのでギリ間に合った!

他の記事も随時発表されたカードを追加中。

 

▼▼▼▼▼▼コモン▼▼▼▼▼▼

◆影の超越者

2マナ (2/2) 自分のターン終了時自身を除くランダムな味方のミニオン1体に+1/+1を付与する。

 

 スタッツは普通。

 能力が結構強烈。

 ターン終了時なので、基本的に3/3ミニオン並のスタッツ能力を場に展開してくれる。

 問題は、他にミニオンがいないと意味がないところか?

 1マナミニオンを場に出して、次のターンにこのミニオンが場にできればテンポ的に上場だが、正直ツライ。

 

◆苦悶の侍祭

 3マナ (3/3) 生命奪取

 

 何の変哲もないミニオン

 生命奪取はありがたいが、3マナ域を圧迫してまでいれるか正直ナヤマシイ。

 闘技場で言えばコモンということもあり、優先ピック対象に上がってきそうではあるが。。。

 

◆霊魂鞭打

 2マナ 生命奪取 全てのミニオンに1ダメージを与える

 

 超強烈。

 軽い全体除去が少なかったプリーストとしてはすごくありがたい。

 問題は、軽すぎる効果と軽すぎるマナだろうか?

 

 アグロ相手だったら強烈な威力を持つが、ランプ系やコントロール系相手だと完全に腐ると読める。

 

 スペルダメージを積んで一気に回復!とやりたいところだが、なかなかに微妙。

 ちなみに、全ミニオンなので、自分のミニオンを巻き込むという点も注意が必要。

 その分回復力は上がるが、自陣をカード1枚使って壊滅させても、ボードアドバンテージとハンドアドバンテージを持っていかれるだけなので、コントロール向けなわけだが。。。

 

 アグロデッキが流行ったら光り輝くんですけどね。。。現状の追加カード見るとありえなさそう。

 

▼▼▼▼▼▼レア▼▼▼▼▼▼

◆影の神髄

 6マナ 自分のデッキからランダムなミニオンのコピーを5/5で召喚する。

 

 マナコスト的にはスタッツは全然あり。

 ネックとなりそうなのは対象がランダムな点だろうか?

 この効果でレジェンドが出てきたりすると強烈なんだが、Battlecry(雄たけび)が発動しない以上、クエスト達成+Deathrattle(断末魔)でシナジーを見込むしかない。

 

 もともと1/1のミニオンだがそいつが5/5になって場に出る!ってなれば、結構強そうなもんだが。。。

 どっちにせよ、デッキを選びまくる上に、クエストのテコイレと見えますな。

 

◆永劫の隷属

 4マナ この対戦で死亡した味方ミニオンを1体Discover(発見)し、召喚する。

 

 これは結構強い。

 レジェンドだろうが何だろうが、対象に挙げられるだけで強烈。

 このスペルを唱えるまでに死亡したのが3体以内であれば、ある種確定で好きなミニオンを場に召喚できるとも読める。

 これはコントロールプリーストなら是非ホシイトコロ。

 

◆精神暴触

 5マナ 相手のデッキのカード3枚をコピーし自分の手札に追加する

 

 どっかで見たことのある効果の追加1枚分バージョン。

 個人的にはカードパワー自体はメチャクチャ高いと読める。

 実質5マナで3ドローにもなるため、ハンドアドバンテージへの影響が馬鹿でかい。

 

 問題は、メイジの5マナ魔導書が敬遠されがちなことを考えて、

 マナテンポの悪さが無視できないという点だろうか?

 コントロールデッキなら1枚採用してもいい気がするけど。。。

 ランダムな上に相手のデッキという点が割とギャンブル。

 

▼▼▼▼▼▼エピック▼▼▼▼▼▼

◆黒曜石の像

9マナ (4/8) 挑発、生命奪取、断末魔: ランダムな敵のミニオン1体を破壊する

 

これでもか!と強烈な能力を備えたミニオン

タフネス8というのは崩しにくい上に、崩したら相手ミニオン1体を破壊するDeathrattle(断末魔)。

デスウィングへのキラーカードとなり得る。

Taunt(挑発)と生命奪取というのもすさまじい。

 

問題は9マナというバカみたいな重さ。

9マナ使えれば今度はパワー不足が気になるところ。。。

相手の大型ミニオンを打ち取れればいいが、盤面負けしていたらちょっと微妙。

 

◆Embrace Darkness

  6マナ 相手のミニオン1体を選択する。次のターン開始時に、そのミニオンのコントロールを奪う。

 

 限定的とはいえ、コントロールデッキなら全然ありかと。

 6マナ付近だと強烈なミニオンが場に出ていることもありえるため、是非コントロールデッキに入れたい。

 

 問題は即時性のなさと、相手にミニオンの相打ちでコントロールしようとしたミニオンを倒されると、マナテンポだけが持っていかれるという点か・・・。

 1発食らってしまう覚悟が必要なので、なかなかに使いどころが難しいと読める。

 

 しっかし、プリーストのパクリ能力がこれでまた上がった。

 

 

▼▼▼▼▼▼レジェンド▼▼▼▼▼▼

◆影刈アンドゥイン

8マナ ライフ+5 Battlecry(雄たけび):攻撃力5以上のミニオンをすべてを破壊する。

ヒーローパワー:2ダメージを与える。カードを使用する度に再度使用可能になる。

 

強烈・・・なのか?

ヒーローパワーが強烈なのは認める。

というのも、プリーストには重複するカードがデッキにない場合、ヒーローパワーをコスト0にするレジェンドがいたはずなので、スペル使って再度実行が0マナ!

なんてことが可能ということになる。

 

どちらもレジェンドなので、そんな簡単に決まらないが、それだけに強烈。

 

 

ベネディクトゥス大司教
7マナ (4/6) 雄叫び: 相手のデッキをコピーして自分のデッキに混ぜる。

 

 究極のパクリ能力。

 デッキを追加できるというのは、ファティーグ合戦になりがちなプリースト的にメチャクチャありがたい。

 だが、問題も山積み。

 

1.ライブラリーから目当ての除去を引ける可能性が下がる。

2.レジェンドなので、1枚を早期にデッキから引く必要がある

3.相手のデッキがライブラリーアウトしてたら意味ない。

 

 使いづらいけど、ライブラリーアウトを狙う新たなプリーストが出来上がる。。。のか?