ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【カード個別評価】告死隠者スロールの運用について

ロックです。

偶々ゲットしたのでちょろっと紹介。

 

▼▼▼▼▼▼告死隠者スロール▼▼▼▼▼▼

f:id:mdbrothers:20170911020733p:plain

▼▼▼▼▼▼特徴▼▼▼▼▼▼

1.Battlecry(雄たけび)で2進化分とまぁ、2枚分のパワーあり

2.コストが軽いので、他のミニオンを展開しながらという動きが可能。

3.ヒーローパワーによって、タフネスがへったミニオンも即座に復活させながらボードアドバンテージを取れる。

4.時が来たら動き始めるわけですね。
 

▼▼▼▼▼▼強いところ▼▼▼▼▼▼

2進化分というのはデカイ。

5マナミニオンが7マナ相当まで駆け上がると思えば強烈。

 5マナということもあり、5マナ2/2が3体並んだあとに。。。という動きも可能。

単純に4マナの労働者2体を巻き込んでもいい。

現在の環境は横に並べるミニオンが共通ミニオンにも多いため、なんだかんだBattlecry(雄たけび)が強烈になっている。

 

ヒーローパワーも無限にうてる進化と思えば、ヒーローパワーを複数回使えるようにするミニオンとも相性がいい。
 

▼▼▼▼▼▼弱いところ▼▼▼▼▼▼

 ランダムで進化した先をどうやっても選べないという点。

なんといっても、1マナミニオンがいきなり終末預言者になった日には、ボードを取るつもりが取れなかったーなんてことになりかねない。

Deathrattle(断末魔)ミニオンで味方だけにダメージを与えるようなミニオンもいるため、なかなかに対象とするミニオンと進化先によってデメリットに変わってしまう。

 

また、最大の弱点はミニオンが場に居ないと意味がない、という点。

ヒーローパワーがかわってしまっているため、どうやっても手札からミニオンを出さないといけなくなる。

場のミニオンを随時除去され切ってしまうと、いくら進化してもボードアドバンテージを取りきれなくなる。

 

▼▼▼▼▼▼総評▼▼▼▼▼▼

進化シャーマンではぜひ欲しいカード。

なのだが、そもそも進化シャーマンがアグロが苦手な点と、変なミニオンを進化で出す可能性を考慮して、場に居るミニオンのコストが1上がったら、どのようなミニオンが出るのか想定して動かなければならない。

いわゆる、カード知識が結構要求されるってことですな。

個人的にはドルイドが落ち込んだら、進化シャーマンの日の目も見れるんじゃないかとちょっと期待している。

 

※ このサイトで記載している内容は、個人的な見解を基にしています。