ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【カード個別評価】アメジストの小呪文石の運用について

ロックです。

 

個人的には強烈なカード。

他人の前評判では割と低評価ダッタンデスケド。。。

 

▼▼▼▼▼▼アメジストの小呪文石▼▼▼▼▼▼

f:id:mdbrothers:20180213235815p:plain

▼▼▼▼▼▼特徴▼▼▼▼▼▼

1.4マナ3点火力+3点ライフゲインというスバラシイスペル。

2.アップグレード条件はヒーローパワーではみたせない。

3.コボルトの司書やチキチキ穴掘り師のように、ダメージを受けながらドローするカードで手札に入ったとき、即時アップグレード。

4.第一使徒リンの召喚する貪りのアザーリが作ったようですね。

5.元々グルダンの背景には同族殺しと力への渇望がサイドストーリーとしてあるため、実にウォーロックらしいフレーバーテキスト

 

▼▼▼▼▼▼強いところ▼▼▼▼▼▼

 素で使っても十分すぎるカードパワー。

アップグレード条件もウォーロックらしい条件なので、割と簡単に満たせる。

他のミニオン効果で手札に入ったとき、ダメージが入ってるなら即時アップグレードもスバラ。

 

▼▼▼▼▼▼弱いところ▼▼▼▼▼▼

使いどころが難しい。

7点までアップグレードしたいところではあるが、それまで手札に置いておくと、マナが重すぎて使えなくなったり、ボードアドバンテージを持っていかれる。

どうやっても中途半端に使い勝ちになってしまい、真価を発揮しているとはいいがたい。

 

▼▼▼▼▼▼総評▼▼▼▼▼▼

コントロールデッキならとりあえず入れてOK。

他のカードでダメージを食らうのはウォーロックの十八番(ぇ

アップグレード自体は結構簡単なので、コボルトの司書とセットでどうぞ。

もちろん、闘技場でも十分すぎるくらい強い。

 

※ このサイトで記載している内容は、個人的な見解を基にしています