ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【カード個別評価】レイラインの繰り手の運用について

ロックデス。

 

最近時の闘技場ばっかりやってて全くと言っていいほど書いてなかったわ・・・。

まぁ、趣味なんで、適当にいきませう。 

 

▼▼▼▼▼▼ レイラインの繰り手▼▼▼▼▼▼

f:id:mdbrothers:20180304211120p:plain

▼▼▼▼▼▼特徴▼▼▼▼▼▼

1.エレメンタルシナジーあり

2.いいスタッツ!

3.手札に入ったカードなので、ミニオンでもスペルでも、どちらであってもコストを下げる。

4.レイラインってそんな意味だっけ?

 

▼▼▼▼▼▼強いところ▼▼▼▼▼▼

スタッツがよく、エレメンタル系はスペルやミニオンを手札に追加しやすいので、

メイジのエレメンタルデッキなら損はない性能。

 

2枚以上のスペル・ミニオンのコストを下げられれば、元となる4マナ分のマナを回収できるってのも強いですね。

 

▼▼▼▼▼▼弱いところ▼▼▼▼▼▼

1枚だと仕事しづらく、エレメンタル能力は前ターンにエレメンタルを出していることが条件なので、他のエレメンタルミニオンを確保しておかないといけない。

 

メイジのランダムスペルを手に入れるカードを入れすぎると、レイラインの繰り手をいれるデッキ枠がなくなるという。。。

 

手札の状況によっては、このミニオンが腐る場合もあり。
 

▼▼▼▼▼▼総評▼▼▼▼▼▼

環境に左右されまくるミニオン

 

ランダムスペル系を大量に入れてるデッキか、エレメンタルシナジーオンリーで組むしかないデッキなら活躍の場はあるかもしれない。

 

ランダムスペルを大量に入れたデッキだと、デッキ本体が安定性に欠けてしまうため、

このミニオンを入れてまで作るデッキではなくなってしまう。

ある程度安定するのはエレメンタルデッキなんだろうけど。。。

 

※ このサイトで記載している内容は、個人的な見解を基にしています。