ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【博士のメカメカ大作戦】ドルイドのカード考察・分析

ロックです。

 

ドルイドはこれ。。。マナ加速が頭おかしい。

一応科学のテーマとして、ドルイドは「生物学」らしいですね。

 

▼▼▼▼▼▼コモン▼▼▼▼▼▼

◆生物学プロジェクト 前評価:4

 1マナ お互いのプレイヤーはマナクリスタルを2個える。

 

 プロモ見る限りでも、2個増えているので、実質1マナ増えると思っていい。

 マナ加速はドルイドの生命線といってもよく、0マナレンキを考えれば、破格の性能。

 ランプドルイド復権なるか?

 

 問題は相手にもマナクリスタルを与えてしまうので、デメリットも馬鹿でかい。

 サイズで打ち勝つしかないわけだが、結構厳しいカードかも?

 後半に来たらほぼ腐ること請け合い。

 今回オメガカードが追加されたこともあり、10マナにするメリットとデメリットが混在しているわけだが、そんなもん関係なくドルイドならホシイカード。

 

◆造園 前評価:3

 3マナ 2/2のトレント2体を召喚する。

 

 合計スタッツで見れば3マナ4/4。

 1枚で2体分のミニオンを生成すると考えれば十分すぎるくらい強い性能。

 

 ネックとなるのは、あくまでも2/2が2体なので、除去されやすいってことは念頭に置く必要があるくらい?

 

◆べとべとスプレーマン 前評価:2

8マナ (4/4) Battlecry(雄たけび):隣接する各ミニオンのコピーを1体ずつ召喚する。 

 

効果自体は強烈。

最大2体のミニオンをコピーできるってのがスタッツの悪さを凌駕する。

肉食キューブやハドロノックス、マルチマンチャーや巨人などなど。

コピーしやすいミニオンはそろってるのであとはどれをコピーするかだ。

 

問題はやはりマナの重さ。

8マナと組み合わせられるミニオンってなんかいたっけ・・・?

巨人やマルチマンチャーくらいしか思いつかないわけだが。。。

 

 

▼▼▼▼▼▼レア▼▼▼▼▼▼

◆マルチマンチャー 前評価:3

 10マナ メカ (8/8) Rush(急襲)、この対戦で死亡したトレント1体につきコストが1減る。

 

 これは強い気がする。

 トレント10体が死亡すれば0マナで出せるわけで。。。

 トークドルイドに磨きがかかりますね。

 

 文章を読む限りでは、相手の場にいるトレントでもカウントされると読める。

また、動き回るマナもトレント扱い何で、6ターン目くらいには出せるかも?

単純に森の魂や今回追加された造園など、トレントカードは多いので、シナジー効果抜群と読める。

 しかもRush(急襲)もちなので、相手のTaunt(挑発)ミニオンを倒しながら、他のミニオンで殴りこむことができると読めるわけで。。。

 

 問題は、どんだけ頑張っても6ターン目くらいに出せるかな?と読めるあたり?

 アグロにはちょっと難しく、コンボドルイドのようなトークドルイドじゃないと、真価を発揮しないと読める。 

 

◆樹木学者 前評価:3

 2マナ (2/3) Battlecry(雄たけび):味方にトレントがいる場合、スペルを1枚Discover(発見)する。

 

 トレントデッキが流行りそうなんで前評価3

 2マナ域としては標準スタッツ。

 最速で出しても場にトレントがいないだろうから、後半から真価を発揮するイメージ。

 ドルイドの選択スペルがDiscover(発見)できる可能性を思えば、強烈の一言。

 基本的にドルイドは選択スペルが状況により使い分けられるってのが強みなんで、

Discover(発見)でさらに広いカードプールの中から選べるのは対応力が高いといえる。

 

◆トーレンの森林管理官 前評価:3

6マナ (3/4) 選択:自身を除くミニオンに+1/+1を付与する、または、2/2のトレントを2体召喚する。

 

合計スタッツで考えるとトレント召喚なら7/8

最低でも4体のミニオンが他に居れば、同等。5体以上いればバフの方がいい。

トークドルイドで活躍しそうなミニオンですね。

 

特にトレントの数を参照するミニオンが追加された今、割と高評価。

 

問題となるのはやはり6マナという重さと、スタッツの悪さ。

6マナ域は広がるがあることも考えると若干使い辛い。

 

▼▼▼▼▼▼エピック▼▼▼▼▼▼

◆最高サイコメロン 前評価:4

4マナ 自分のデッキから、コスト7、8、9、10のミニオンをそれぞれ1枚ずつ引く。

 

サーチの時点で強い。

そして4マナ最大4ドロー!

レジェンドカードのコピー能力を考えれば、マリゴスを引いてくるこのカードがいかに強いかわかってもらえるはず。

ミニオン限定としているのもポイント。

 

問題は、引いてきたカードはマナ加速がない限り、同ターンで使えない

現在ドルイドの4マナスペル域が結構激戦区ってところかな?

特に、ランプドルイド系だとマナ加速がうまくいかなければ、4枚分の高コストカードを手札に加えることができるってのはスバラシイの一言。

 

ところで、クエストでマナ減ってもコストは変わらないよね・・・?

変わるみたいです。

そして、ワイルドのアヴィアナ+忘却王クンでこのカード使えば。。。ゴクリ。

 

◆ドリームペダル栽培師 前評価:4

7マナ (4/4) ターン終了時、手札のランダムなミニオン1体のコストを7減らす

 

もうコイツ鉄板やろ。

ドラッカリの呪い師と組み合わせれば、1ターンで14マナコストを減らす。

0未満にはならないが、0にはなるってことで、マリゴスキタヨ。

 

問題は1ターンで除去されるだろうなっていうところ?

それでも皇帝があそこまで暴れたこと考えれば、コンボパーツとして最強の部類。

 

 

▼▼▼▼▼▼レジェンド▼▼▼▼▼▼

◆プルンプルン・フループ 前評価:4

 4マナ (3/4) このカードが手札にある間、自分が最後に手札から使用したミニオンの3/4のコピーになる。

 

 ナニコレツヨスギ。

 一番わかりやすいのは、マリゴスを前のターンに使って、次ターンにこのミニオン出せば、スペルダメージ+5が付いた4マナ(3/4)が場に出るわけですな。

 極論言えば、マリゴス死んでもこのミニオンを場に出して、無貌でコピーしてしまえばスペルダメージ+10デスネ。いやマジコワイ。

 

 ネックとなるのは、1枚じゃ仕事できない点と、3/4のスタッツで出てしまうのが確定してること?

 なんかしらのコンボ起点としては素晴らしいが、コンボは組み合わせるの前提だからなかなか。。。

 

 ◆フループのスーパー肥料 前評価:4

1マナ このターンにミニオンが死亡する度、このターンの間のみマナクリスタルを1つ得る。

 

滅茶苦茶強い。

1体以上破壊することで元は取れるのだが、マナクリスタルということは、すぐに試用できるマナクリスタルってのがポイント。

また、相手ミニオンを破壊してもマナが得られると読める。

 

んでまぁ、トークドルイドであれば、自陣のミニオンを破壊しながら相打ちが取れれば、余裕で究極の浸食が打てたりしてしまう。

そしてマリゴスドルイドであれば、相手ミニオンを一掃することで、同ターンにスペルが大量に撃ててしまうわけで。。。

 

問題となるのは1枚制限ってところと、ミニオンがある程度場に出てないと真価を発揮しない点。