ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

アップデート情報の考察 ドラゴン年

ロックです。

 

マジナニヤッテンダ コノ ナーフ。。。

他にも変更点あり

 

▼▼▼▼▼▼栄光の殿堂入りカード▼▼▼▼▼▼

 

1.自然への回帰(ドルイド専用カード)

 色んな意味でドルイド死亡。

 メックトゥーンデッキはもちろん、デッキ交換系も無理になった。

 ミルデッキなくしたいのかもしれないが、殿堂入りさせるほどのものだったかは疑問符。

 そもそも基本コンセプトのランプドルイドをナーフで殺しにかかってきておいてこの仕打ちはカワイソスギル。

 

2.ドゥームガード(ウォーロック専用カード)

 ある意味妥当。

 デメリットに対してスタッツが半端なかったのと、デメリットの踏み倒し効果が氾濫した上でキューブロックもあり、バーストダメージの引き上げはどう考えてもコイツが原因。

 ウォーロックZooにも影響を及ぼしているが、強すぎたのは確か。

 フィニッシャーだったやつをいきなり落としにかかってきたうえで、クエスウォーロックにまで被害が及んでるのはやりすぎな気がしなくもない。

 マナコスト引き上げデヨカッタンジャナイカ?(Zooだけがしぬ)

 

3.神聖なる恩寵(パラディン専用カード)

 ある意味妥当。

 アグロパラディンの息切れ防止どころか、コントロールへの圧力が強すぎた感はあるし、2枚以上引けた時点でハンドパワー重視のメイジを超えるような効果発揮してたのがおかしいといえばおかしい。

 

4.月を食らうものバク&ゲン・グレイメイン

 イミガワカラナイ。

 ここまで奇数偶数の環境パック出しておいて、いきなりこいつら取り上げるのがワカラン。

 特に致命的なのはメイジ。

 レジェンドとかコモンとか、アップグレートされていないヒーローパワーだと使い辛いことこの上ない。

 

 確かに、ヒーローによって恩恵を得られる効果が極端すぎたところはあったので、何とかしたかったのはわかるが、やり方が乱暴すぎ。

 奇数偶数デッキのコンセプトを持った拡張パックもあるので、そのあたりが一斉に鳴りを潜めそう。

 

5.昏き牡鹿、黒猫、きらめく蛾、ヨドミノヒバナウナギ

 奇数偶数効果持ってたカードたちもワイルド落ち。

 まぁ、コイツラは奇数偶数なかったらまず入れないカードたちだからシャーナイ。

 

▼▼▼▼▼▼殿堂入りしたカードたちの魔素還元▼▼▼▼▼▼

各カードの満額分の還元あるらしい。

いつもの1枚分、または2枚分ネ。

 

▼▼▼▼▼▼アドベンチャーモードの原点回帰▼▼▼▼▼▼

初回無料、そのあとは700Gで解放していく形に戻るらしい。

報酬も昔と同様、アドベンチャーモード専用カードと新パック、裏デザインといったもの。

 

▼▼▼▼▼▼闘技場のカードプール変更▼▼▼▼▼▼

今までスタンダードフォーマットだったのを、昔のカードパックがランダムに入ってくる闘技場専用フォーマットに変更するらしい。

ドラゴン年最初のフォーマットは、以下の通り。

・基本
・クラシック
・ナクスラーマス
・旧神
・ガジェッツァン
・ウィッチウッド
・今年最初の拡張版

 

▼▼▼▼▼▼最後に▼▼▼▼▼▼

 

奇数偶数の環境がここまで育ったのは大成功だったと思うんだが、いきなり破壊しに来たのがちょっとヨクワカラナイ。

 殿堂入りしたってことは、ワイルドでのみ生き残るので、ワイルド環境は変わらずって感じか。