ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【突撃!探検同盟】レノ・ジャクソンで恐怖の遺産を攻略

ロックです。

 

一旦、各ヒーロー毎にステージ攻略をメモって行こうと思います。

ネタバレ注意で。

 

個人的には、、、レノの馬鹿強さよ。

ちょい書きかけだけど、チマチマ更新してきます。

 

▼▼▼▼▼▼レノの基本情報▼▼▼▼▼▼

ヒーロー分類としては、ローグとメイジの混合ヒーロー。

どちらのヒーローもコンボ主体で、スペルとミニオンの組合せによりハンドアドバンテージを得ることが得意。

また、全体除去手段が豊富なのと、Deathrattle(断末魔)ミニオンも優秀なのが多い。

メイジのBattlecry(雄たけび)ミニオンを、ローグスペルで手札に戻し、再利用、なんてことも可能。

 

 

▼▼▼▼▼▼レノの宝物▼▼▼▼▼▼

 

f:id:mdbrothers:20191007010103p:plain

条件を満たすことで、宝物の種類は増えていくわけだが、デッキに入れることができるのは、1枚だけ。

各ステージで有効な宝は。。。レノの場合、あんまりかわりませんね。

1ステージクリアするまでは、「レノの魔法の松明」あたりがお勧め。

デッキ切れ防止と、使いまわせる火力って点がとにかく優秀。

 

個人的なお勧めは、秘策デッキで「墓所潜入助手」をワンチャン狙う。

ものすごい悠長だが、決まれば強い。

全体的に見てお勧めするなら、「レイ・フレイムポー」がお勧め。

いわゆる多重詠唱してくれるミニオンなので、コピースペルや酒場効果でレイを増やせれば。。。

 

災厄王を4体倒すと、助手が昇格する。

最終ステージで兎に角強烈な効果を発揮するため、最終ステージに入る前は、かならずレノで災厄王4体を倒していきたいところ。

 

f:id:mdbrothers:20191104134306p:plain

 

▼▼▼▼▼▼レノのヒーローパワー▼▼▼▼▼▼

 

f:id:mdbrothers:20191007011201p:plain

兎に角強いのは、「魔法奸智」

ランダムとはいえ、相手ミニオンを1回で殲滅できる可能性を持ってるってだけで強い。

また、ヒーローパワー強化と相性が良いので、ダメージ+1が付くだけでもすさまじい効果になる。

 

▼▼▼▼▼▼レノのデッキ▼▼▼▼▼▼

f:id:mdbrothers:20191007011132p:plain

 

何の宝物を選んだかによって変わるが、基本的に安定は、「呪文探求」

宝で助手を入れているなら、「秘密の罠」がお勧め。

 

▼▼▼▼▼▼ステージⅠ 失われた都市▼▼▼▼▼▼

 

どんでん返し:マーロック大発生

 

どんでん返し効果で、ミニオンが場に出まくることから、除去ヒーローパワーと除去スペル、および本体へのダメージスペルが優秀。

 

特にステージⅠでは、災厄王がマーロックデッキなので、ミニオンが大量に出てくる相手が確定している。

と言っても、全体除去スペルが絶対に追いつかないと思っていいので、全体除去だけだとほぼ確実に押し負ける。

 

レノの場合は、無限のリソースで消耗戦を勝ち切るのがお勧め。

 

アクティブ財宝であれば「高跳びオートジャイロ

パッシブ財宝であれば、「活力のエリクサー」という手もある。

特にレノはメイジのレジェンド武器でドローしまくったり、逃げ足で大量ドローも狙えるため、地味に活力のエリクサーにあるデメリットを解消しやすい。

ヒーローパワーを連打するなら、「暗黒光の松明」という手もある。

特に災厄王のヒーローパワーがミニオンを全てデッキに戻す効果へ変わった時、ミニオン戦は不利になるため、何かしらボス本体へのダメージソースがホシイというのも注意。

 

▼▼▼▼▼▼ステージⅡ 灼熱の砂丘▼▼▼▼▼▼

 

どんでん返し:ターン終了時に攻撃

右端にいるミニオンがターン終了時にランダムで相手を攻撃するルール。

基本的にミニオンを早く出せれば出せた分だけダメージレースで勝ちやすい。

軽いミニオンとスペルで構成したいところ。

 

ステージⅡの災厄王は、ミニオン操作が多いため、あまり大型ミニオンだけを採用しているとひたすら奪われて殴られ続けるため、若干注意が必要。

災厄王のクトゥーンデッキ相手に長期戦は悪手なのと、ルールの関係上、ライフ回復手段がないと殴りきられてしまうのもキツイ。

レノのカード上、ライフ回復は無理があるので、序盤からヒーローパワーやスペル関連で100点分のライフを削りきるしかない。

割とギャンブルに近いが、幸運のシャベルや錬金術師の石なんかでコストを下げつつハンドリソースを得るスペルでひたすら殴りきるイメージ。

ライフが継承されるのを利用して、ライフを削っていくことに専念してもいい。

どちらにせよミニオンを奪われたり、相手ミニオン破壊時に味方ミニオンが倒されたりとするため、ミニオンはBattlecry(雄たけび)ミニオンをメインに据えた方がいい。

 

 

▼▼▼▼▼▼ステージⅢ カルトゥートの墓所▼▼▼▼▼▼

 

どんでん返し:埋葬されたミニオン

ミニオンの死亡数をカウントして、埋葬されたミニオンが復活するルール。

ミニオンの横展開で思わぬミニオンが場に出ることも。。。

初期枠としてミニオン1体分の展開ができなくなっているのにも注意。

 

つまるところ、ミニオンをDiscover(発見)するミニオンやスペルが優秀。

ボスは基本的に小型ミニオンを出してくる奴らが多いので、ヒーローパワー強化なんかもホシイトコロ。

レノの場合は、ローグのDeathrattle(断末魔)ミニオンが強いため、Deathrattle(断末魔)ミニオン多めが優秀。

 

ステージⅢの災厄王は、Deathrattle(断末魔)や蘇りミニオンとのシナジー効果が高いヒーローパワーを使用してくる。

といっても、こちらにも影響のある効果なので、蘇りやDeathrattle(断末魔)ミニオンを多めに入れておくと、ほぼ盤石の盤面で進められるはず。

 

▼▼▼▼▼▼ステージⅣ 起源の殿堂▼▼▼▼▼▼

 

どんでん返し:怒りのミニオン

ミニオンはダメージを受けるたびにパワーが+1 される効果を常に持つルール。

 

高タフネスが有利なんだが、あんまり気にしなくていい。

レノの場合は、ヒーローパワーを魔力奸智にし辛いように見えるが、そんなことはなく、むしろ魔力奸智一択でいいくらい。

というのも、タフネスがある程度高いといっても、自身でダメージを与える効果カードを使ってくるケースが多いので、逆に仕留めやすいところが多い。

 

ステージⅣの災厄王は、ダメージを受けているミニオン、または低タフネスミニオンに対するメタ効果ばかりなので、ミニオン戦はあまり付き合わない方がいい。

特にレノによるスペルパワーを考えると、火力で焼き切ったほうがいい。

レイ・フレイムボーがとかく強いところもあるが、助手で一発逆転を狙ってもいい。