ハースストーン攻略ブログ

Hearthstoneのゲーム攻略情報やプレイ考察などの雑記を書いていきます。ちなみに、本サイトはネコ(メイジ使い)と私ロック(ローグ使い)の共同で行ってます!

【激闘!ドラゴン大決戦】ドルイドのカード考察・分析

ロックです。

 

いつも通り4段階評価で。

 

▼▼▼▼▼▼コモン▼▼▼▼▼▼

 

◆エメラルド探検竜 前評価:3

 

6マナ ドラゴン (4/8)Taunt(挑発)、Battlecry(雄たけび): ドラゴン1体をDiscover(発見)する

 

タフネス偏重とは言え、スタッツがよく、Taunt(挑発)もあってBattlecry(雄たけび)効果も強いと来たら、ドルイドのドラゴンデッキには必須級。

 

問題となるのは、6マナという重さ。

マナ加速が追加されたので、ほぼ鉄板でデッキには入ると思うが、闘技場でも強く、構築でも強そう。

 

◆盆栽ボンバー 前評価:2

2マナ (1/1) Battlecry(雄たけび):2/2のトレントを1体召喚する

 

トレントの水増し以外で使いようがない気がする。

トレント強化が来た点と、合計スタッツとしてはいいスタッツな点を加味するとしても、トレントデッキでトレントじゃない1/1が場に出るのはあまりお得感がない。

 

◆数の力 前評価:2~3?

 

 

 1マナ サイドクエスト: ミニオンのために合計10マナ消費する。報酬: 自分のデッキから ミニオンを1体召喚する

 

ちょっとよくわからない。

ミニオンのために合計10マナ消費する。というのが、トレントなんかのミニオンスペルも含めた10マナであるなら、メチャクチャ強い。

トレントを場に出しながら、大型ミニオンをデッキから呼び出すことが可能。

 

逆に、手札からミニオンを召喚するコスト数の合計を言っているのであれば、ちょっとヨワイ。

大型ミニオンばかり入れていると、ターン数を重ねてからじゃないと場に出させないため、あまりサイドクエストの恩恵を受けきれない。

 

どちらにせよ、トップ引きしたときの弱さは確実。

個人的には、アグロデッキでデッキ圧縮、ボードアドバンテージ展開目的にも使いたいかな?

 

▼▼▼▼▼▼レア▼▼▼▼▼▼

 

◆夢竜の息吹 前評価:4

 

2マナ カードを1枚引く。 自分の手札にドラゴンがいる場合、空のマナクリスタルを1つ獲得する。

 

必須級。

1ドロー効果もさることながら、2マナからマナ加速できるのは異常な威力。

元々2マナでマナ加速できるのがドルイドの強さの1つだったので、ドラゴンデッキなら是非入れたい。

 

問題点は、ドラゴン1枚とこのカード1枚なので、初期ハンドの制限が結構厳しい。

後半でも腐らないカードなので、そこまで気にしなくていいが、マナ加速として使用するなら序盤のハンドを気にしないといけないのがどうにも使い辛そう。

 

個人的には、ドラゴンのランプドルイドが来るのかなー?と見てはいます。

 

◆空中栽培 前評価:3

5マナ カードを2枚引く。味方のトレント1体につき、コストが2減る。

 

トレントを3体場に出せれば0マナでカードが2枚引けると読める。

自然の援軍1枚でトレントを3体場に出し、カードドロー2枚がついてくるなら、いいことづくめとしか言いようがない。

特にアグロデッキ作るなら、スペルでトレントをよく出すので、

複数体のトレントを場に出しやすのもポイント。

 

問題は、トレントを場に出さないデッキ。つまるところランプドルイドなんかにとってはあんまりおいしくないカード。

5マナ2ドローは若干マナ効率が悪いので、最低でも3マナ2ドローにはしたいところ。

 

 

◆遊げ木隊 前評価:2

 

1マナ 選択: ミニオン1体にタフネス+2とTaunt(挑発)を付与する。または、2/2のトレントを1体召喚する。

 

強い方ではある。

序盤ミニオンがいなければトレントを召喚し、中盤以降、場にミニオンがいればTaunt(挑発)とタフネス強化を付与できる。

つまるところ、どちらに転んでもボードアドバンテージにつながるカードといえる。

1マナという軽いスペルなこともあり、アグロにも最適。

トレントデッキでも使いやすそう。

 

問題となるのは、カードパワーが低すぎる点。

ボードアドバンテージといっても、大型ミニオンにTaunt(挑発)を付与するときくらいでしか片方は使わず、2/2が後半に出ても。。。

後半で使用する際はTaunt(挑発)とタフネス強化があるとはいえ、後半使用するにはパワー不足感が否めない。

 

個人的には、アグロやトレントデッキなら入れるかも?ってレベル。

 

 

 

 

▼▼▼▼▼▼エピック▼▼▼▼▼▼

◆デッキの防衛 前評価:3

 

1マナ  サイドクエスト: 自分のヒーローで 2回攻撃する。 報酬:「爪」3枚を自分の手札に追加する。

 

結構有用。

サイドクエストは全体的にヨワッチィわけだが、このサイドクエストは、「スペルを3枚手札に追加する」ってのがポイント。

スペル参照系、ハンド参照系の2種類に対して1枚で3枚分の効果というのは強烈。

条件も基本的に2ターンで達成できるってこともあり、1ターン目に使えればアグロデッキでも有用。

今のところ考えられるのは、コンボドルイド系に使用するパターン。

特に競売人と爪の相性は抜群に見える。

 

問題は、単独で見たときのカードパワーは大したことないのがかわらんという。。

後半引いてきても腐るのも確かなので、問答無用でデッキにぶち込めるほど強いとはいいがたい。

 

◆でっか化 前評価:3

0マナ 自分のデッキの全てのミニオンに+2/+2を付与する。それらのコストは1増える(最大10)

 

凄まじく極端なスペル。

アグロに最適なカードで、強化具合もイイ感じ。

10マナ以上のミニオンを入れ続けたランプドルイドでも使えそうなのがさらにポイント高い。

 

問題となるのは、後半引いたら意味がなく、コンボドルイドのようなスペルでミニオンを場に出す場合、このスペルの恩恵があまりにも少なすぎる点。

ビーキーな能力だが、ランプドルイドやアグロドルイドで使い切ってみたい。

 

 

▼▼▼▼▼▼レジェンド▼▼▼▼▼▼

 

◆解き放たれしイセラ 前評価:3

9マナ ドラゴン (4/12)Battlecry(雄たけび): 自分のデッキに「夢ポータル」7枚を混ぜる。それを引いた際、ランダムなドラゴンを 1体召喚する。

 

ド級のドラゴン。

ドラゴンデッキをドルイドで組むなら是非入れたい。

 

ランダムとはいえ、ドラゴンがノーコストで出てくる効果は強い。

 

問題としては、どうやっても召喚されるドラゴンがランダムなせいで、安定性に欠ける。

また、ドローしてやらないといけないので、デッキを圧縮するカードを大量に含めないとあまり効果が見込めない。

 

個人的には、カードパワー自体は高いので活躍すると思ってる。

 

◆大巨木ゴル 前評価:3

7マナ (5/10) Taunt(挑発)、Battlecry(雄たけび):この大戦中、自分のトレントは+1/+1を得る。

 

うーん、うーん、強いんだけど不遇。

トレントデッキなら鉄板で詰め込みたい。

詰め込みたいけど今の環境は全体除去豊富なので結構ツライんです。

 

強みとしては、なんといっても「このミニオンが場に1度でもでれば、トレント全体が強化される」という点。

つまるところ、手札にトレントがいなくても効果適用。このミニオンが倒されても効果適用。

そして、次ターンまで自分が生き残れるように、本体がTaunt(挑発)持っててタフネス10という驚異のスタッツ。

順調にいけば次は8マナなので、トレント3/3が5体並ぶ動きができるのもいい点。

 

問題は、Battlecry(雄たけび)効果込みで場に出すために、手札から場に出す必要があり、マナの踏み倒しが難しい。

また、3/3になったトレントがどこまで脅威に見えるかというと。。。

あまりトレントデッキの弱点をカバーしているわけでもなく、7マナまでの間に物量で押し切ってるのがベターなこともあり、レジェンド1枚制限のため、構築に刺すほどの強さかと言われると疑問符。